『史記・項羽本紀』の4:鴻門の会

中国の前漢時代の歴史家である司馬遷(しばせん,紀元前145年・135年~紀元前87年・86年)が書き残した『史記』から、代表的な人物・国・故事成語のエピソードを選んで書き下し文と現代語訳、解説を書いていきます。『史記』は中国の正史である『二十四史』の一つとされ、計52万6千5百字という膨大な文字数によって書かれている。

『史記』は伝説上の五帝の一人である黄帝から、司馬遷が仕えて宮刑に処された前漢の武帝までの時代を取り扱った紀伝体の歴史書である。史記の構成は『本紀』12巻、『表』10巻、『書』8巻、『世家』30巻、『列伝』70巻となっており、出来事の年代順ではなく皇帝・王・家臣などの各人物やその逸話ごとにまとめた『紀伝体』の体裁を取っている。このページでは、『項羽本紀』について解説する。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
司馬遷『史記 全8巻』(ちくま学芸文庫),大木康 『現代語訳 史記』(ちくま新書),小川環樹『史記列伝シリーズ』(岩波文庫)

[書き下し文]

沛公(はいこう)旦日(たんじつ)百余騎を従え、来たりて項王に見ゆ。鴻門に至り、謝して曰く、「臣将軍と力を戮せて(あわせて)秦を攻め、将軍は河北に戦ひ、臣は河南に戦ふ。然れども自ら意わざりき(おもわざりき)、能く先に関(かん)に入りて秦を破り、復た将軍にここに見ゆるを得んとは。今者(いま)小人の言あり、将軍をして臣とゲキ有らしむ」と。

項王曰く、「これ沛公の左司馬の曹無傷これを言えり。然らずんば、籍何を以てここに至らんや」と。項王即日因りて沛公を留めて与(とも)に飲む。

[現代語訳]

沛公・劉邦は翌朝、百騎余りの家来を従えて、項王と会見するためにやって来た。鴻門(こうもん)に着いてから項羽に謝罪して言った。「私は項将軍と力を合わせて秦を攻撃し、将軍は河北で戦って私は河南で戦いました。しかし、先に関中に入ってしまって秦を打ち破り、また将軍とここでお会いできるとは思ってもいませんでした。今、つまらない小人の讒言があって、将軍と私を仲違いさせて戦わせようとしているのです」。

項王は言った。「その讒言は、沛公の左司馬である曹無傷が言ったことだろう。そうでなかったら、どうしてわしがここまでやって来ること(お前を脅すようなこと)などあろうか」と。項王はその日は沛公を引き留めて一緒に飲み明かした。

[書き下し文]

項王・項伯は東向(とうきょう)して坐し、亜父(あほ)は南向(なんきょう)して坐す。亜父なる者は范増(はんぞう)なり。沛公は北向(ほっきょう)して坐し、張良は西向(さいきょう)して侍す。范増数(しばしば)項王に目し、佩(はい)する所の玉決(ぎょっけつ)を挙げて以てこれに示す者(こと)三たびなるも、項王黙然として応ぜず。范増起ち、出でて項荘(こうそう)を召し、謂ひて曰く、「君王人と為り偲びず。若(なんじ)入りて前みて(すすみて)寿を為し、寿畢わらば(おわらば)剣を以て舞わんことを請い、因りて沛公を坐に撃ちてこれを殺せ。然らずんば、若の属皆且(まさ)に虜(とりこ)とする所と為らんとす」と。

荘則ち入りて寿を為し、寿畢りて曰く、「君王沛公と飲むに、軍中以て楽しみを為すなし。剣を以て舞わんことを請う」と。項王曰く、「諾」と。項荘剣を抜き起ちて舞ひ、項伯も亦剣を抜き起ちて舞ひ、常に身を以て沛公を翼蔽(よくへい)し、荘撃つを得ず。

[現代語訳]

項王と項伯は東向きに座り、亜父は南向きに座った。亜父とは、楚の軍師・范増のことである。沛公は北向きに座り、張良は西向きで劉邦に仕えている。范増は度々、項羽に(劉邦を暗殺せよと)目配せをして、身につけた玉決を持ち上げて三度も項王に合図したのだが、項王は沈黙したままで応じない。范増は立ち上がって、外に出て項荘を呼んで言った。「項王の人柄では暗殺はできない。お前が中に入って沛公の前へと進み出て、長寿の祝いを述べ、祝いが終われば剣舞をしたいと願い出よ。そして、沛公をその席上で撃ち殺してしまえ。そうでなければ、お前達の項一族は劉邦の捕虜にされてしまうことになるぞ」と。

范増の命令を受けた項荘は中に入って、劉邦に長寿の祝いをしたが、祝いが終わってから言った。「君王がせっかく沛公とお酒を飲んでいるのに、軍中なので特別な余興もございません。私に剣を持たせて舞を舞わせて下さいませんか」と。項王が言った。「よいだろう」と。項荘は剣を抜いて立ち上がり舞を舞ったが、項伯も同時に剣を抜いて立ち上がって舞い、常に自分の身体を用いて沛公をかばったので、項荘は遂に沛公を撃つことが出来なかった。

Copyright(C) 2013- Es Discovery All Rights Reserved