『孫子 第二 作戦篇』の現代語訳:2

『孫子』とは古代中国の“兵法家・武将の名前”であると同時に“兵法書の名前”でもある。孫子と呼ばれる人物には、春秋時代の呉の武将の孫武(そんぶ,紀元前535年~没年不詳)、その孫武の子孫で戦国時代の斉の武将の孫ピン(そんぴん,紀元前4世紀頃)の二人がいる。世界で最も著名な古代の兵法書である『孫子』の著者は孫武のほうであり、孫ピンの兵法書は『孫子』と区別されて『孫ピン兵法』と呼ばれている。

1972年に山東省銀雀山で発掘された竹簡により、13篇から構成される『孫子』の内容が孫武の書いたものであると再確認され、孫武の子孫筋の孫ピンが著した『孫ピン兵法』についても知ることができるようになった。『戦わずして勝つこと(戦略性の本義)』を戦争・軍事の理想とする『孫子』は、現代の軍事研究・兵法思想・競争原理・人間理解にも応用されることが多い。兵法書の『孫子』は、『計篇・作戦篇・謀攻篇・形篇・勢篇・虚実篇・軍争篇・九変篇・行軍篇・地形篇・九地篇・火攻篇・用間篇』という簡潔な文体からなる13篇によって構成されている。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
金谷治『新訂 孫子』(岩波文庫),浅野裕一『孫子』(講談社学術文庫),町田三郎『孫子』(中公文庫・中公クラシックス)

[書き下し文]

第二 作戦篇(つづき)

三 善く兵を用うる者は、役(えき)は再びは籍(せき)せず、糧(かて)は三たびは載せず(のせず)。用を国に取り、糧を敵に因る。故に軍食足るべきなり。国の師に貧するは、遠師(えんし)にして遠く輸れば(おくれば)なり。遠師にして遠く輸れば則ち百姓(ひゃくせい)貧し。近師たるときは貴く(たかく)売ればなり。

貴く売れば則ち百姓は財竭く(つく)。財竭くれば則ち丘役(きゅうえき)に急にして、力は中原に屈き、用は家に虚しく、百姓の費は十に其の七を去る。公家(こうか)の費は破車罷馬(はしゃひば)、甲冑弓矢、戟楯矛櫓(げきじゅんぼうろ)、丘牛大車(きゅうぎゅうだいしゃ)、十に其の六を去る。故に智将は務めて敵に食む(はむ)。敵の一鍾(いっしょう)を食むは、吾が二十鍾に当たり、忌干(きかん)一石(いっせき)は、吾が二十石に当たる。

[現代語訳]

三 戦争が上手い人物は、兵役を二度も重ねて人民に課することがなく、食糧も三度も重ねて補給することはない。初めの装備は自国で用意するが、その後の糧食は敵国のものに依存する。こうやって、軍の食糧は不足しないのである。国家が戦争で窮乏するのは、遠征の戦争をして遠方の地まで糧食を輸送するからである。遠征して遠い土地まで糧食を運べば、民衆は貧しくなる。近い場所での戦争では、物価が高騰してしまう。

物価が高くなれば民衆の備蓄は底を尽いてしまう。民衆の蓄えが無くなれば、村落に割り当てられている軍務・労務のための徴用も難しくなり、軍隊の勢力は中原で衰え尽きてしまい、国内では家々の財産が無くなり、民衆が賄っている経費は十のうち七までが失われてしまう(民衆が準備していた経費の70%が失われる)。公家(王侯貴族)が賄っている経費も、戦車が破壊されたり馬が疲弊したり、甲冑・弓矢を作ったり、戟・楯・矛・櫓(おおだて)を準備したり、運搬のための牛車・大車を用意したりで、十のうち六までが失われてしまう(王侯貴族が準備していた経費の60%が失われる)。だから、智恵のある将軍は、できるだけ敵の糧食を奪って兵士を食わせようとする。敵の一鍾を奪って食べれば、味方の用意する二十鍾分の糧食に相当し、敵の馬用の飼料である豆ガラ・藁の一石もまた、味方の用意する二十石分の飼料に相当するのである。

[解説]

孫子の兵法では、自国の軍事費を節約して国家を疲弊させないために、『食糧の自給自足(自国による自己調達)』ではなく『食糧の現地調達(外国による奪取・略奪)』が推奨されているが、現代の軍事活動にはそのまま適用することが難しい項目ではある。孫子は『遠征(遠い場所での戦争)のコスト』と『近い場所での戦争のコスト』についてそれぞれ述べており、遠征の輸送コストを削減するために『敵国での現地調達・略奪』が効果的だとしている。この章は、古代国家の財政的制約・穀物の生産量の限界を示していると同時に、春秋時代における弱肉強食の戦争形態の特徴(できるだけ外国の食糧・財力・生産基盤を奪い取って利用しようとする戦争)を現してもいる。

[書き下し文]

第二 作戦篇(つづき)

四 故に敵を殺す者は怒(ど)なり、敵の貨を取る者は利なり。故に車戦に車十乗已上(いじょう)を得れば、其の先ず得たる者を賞し、而して(しかして)其の旌旗(せいき)を更め(あらため)、車は雑えて(まじえて)これに乗らしめ、卒(そつ)は善くしてこれを養いしめる。是れ(これ)を敵に勝ちて強を益す(ます)と謂う。

五 故に兵は勝つことを貴ぶも、久しきを貴ばず。故に兵を知るの将は、民の司命(しめい)、国家安危(こっかあんき)の主なり。

[現代語訳]

四 兵士に敵を殺させるものは怒気であり、兵士に敵の財貨を奪い取らせるのは利益(褒美)である。だから、戦車の戦いで相手の戦車を十台以上、捕獲した時には、最初に捕獲した者に褒賞を与え、奪った戦車はその旌旗(旗)を自国のものに取り替えて、自国の軍に組み入れて乗車させる。捕虜にした兵卒は、待遇を良くしてこれを保護する(味方に組み入れる)。これが敵国に勝ちながら、国の強さを増加させていく方法だと孫子は言っている。

五 だから、戦争は勝利を重視すべきものだが、長期戦になることは避けるべきなのだ。戦争・兵法をよく知っている将軍は、民衆の生死を司り、国家の存亡を分けるような重大な判断をする者となる。

[解説]

孫子は『戦争による利益』を増加させるために、敵兵を怒りに任せて殺すことよりも、敵軍から『価値のある財物・戦車』を奪い取って自国のものにすること(再利用すること)を重視した。捕虜にした兵士も処刑したり虐待してはならないとして、手厚い待遇と生命の保護をして、いずれは捕虜を自国の兵士として組み入れようとしていた。孫子は国家・民衆・財政を疲弊させて国を滅ぼす原因にも成り得る『長期戦』を何よりも嫌っており、『長期戦による疲れ切っての勝利』よりも『短期決戦・勇気ある退却』のほうに価値を見出していた。

Copyright(C) 2014- Es Discovery All Rights Reserved