『孫子 第三 謀攻篇』の現代語訳:2

『孫子』とは古代中国の“兵法家・武将の名前”であると同時に“兵法書の名前”でもある。孫子と呼ばれる人物には、春秋時代の呉の武将の孫武(そんぶ,紀元前535年~没年不詳)、その孫武の子孫で戦国時代の斉の武将の孫ピン(そんぴん,紀元前4世紀頃)の二人がいる。世界で最も著名な古代の兵法書である『孫子』の著者は孫武のほうであり、孫ピンの兵法書は『孫子』と区別されて『孫ピン兵法』と呼ばれている。

1972年に山東省銀雀山で発掘された竹簡により、13篇から構成される『孫子』の内容が孫武の書いたものであると再確認され、孫武の子孫筋の孫ピンが著した『孫ピン兵法』についても知ることができるようになった。『戦わずして勝つこと(戦略性の本義)』を戦争・軍事の理想とする『孫子』は、現代の軍事研究・兵法思想・競争原理・人間理解にも応用されることが多い。兵法書の『孫子』は、『計篇・作戦篇・謀攻篇・形篇・勢篇・虚実篇・軍争篇・九変篇・行軍篇・地形篇・九地篇・火攻篇・用間篇』という簡潔な文体からなる13篇によって構成されている。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
金谷治『新訂 孫子』(岩波文庫),浅野裕一『孫子』(講談社学術文庫),町田三郎『孫子』(中公文庫・中公クラシックス)

[書き下し文]

第三 謀攻篇(つづき)

四 夫れ将は国の輔(ほ)なり。輔、周なれば則ち国必ず強く、輔、隙(げき)あれば則ち必ず弱し。故に君の軍に患うる(うれうる)所以の者には三あり。軍の進むべからざるを知らずして、これに進めと謂い、軍の退くべからざるを知らずして、これに退けと謂う。是れ(これ)を軍を糜す(びす)と謂う。三軍の事を知らずして三軍の政を同じうすれば、則ち軍士惑う。三軍の権を知らずして三軍の任を同じうすれば、則ち軍士疑う。三軍既に惑い且つ疑うときは、則ち諸侯の難至る。是れを軍を乱して勝ちを引くと謂う。

[現代語訳]

四 そもそも将軍とは、国家の補佐役である。補佐が君主と親しくしていればその国は必ず強いが、補佐と君主の間に隙間が開いていればその国は必ず弱い。だから、君主が軍事について心配すべき事は三つある。一つ目は、軍が進んではならない場面を知らずに軍に進めと命令し、軍を退けてはならない場面を知らずに軍に退けと命令することである。これを、軍の戦術を乱すという。二つ目は、君主が軍の事を良く知らないのに軍の行政に干渉することであり、これでは兵士が混乱してしまう。三つ目は、軍の適切な処置を知らないのに、軍の処断を指揮することであり、これでは兵士が疑念を抱いてしまう。軍が混乱して君主に疑惑を抱いている時には、諸侯が攻め寄せてくる危険が迫ってくる。これを、軍の秩序を乱して、自ら勝利を捨ててしまう状況というのである。

[解説]

孫子は軍事・戦争にはその道の専門家がいることを熟知しており、軍事や軍政、戦略戦術に詳しくもないアマチュアの君主が、むやみに軍事に口を挟んで干渉することを批判している。軍隊の秩序や兵士の士気を維持して、戦争に必勝の構えで臨むためには、『餅は餅屋』で軍事の専門家に思い切って権限や指揮権を一任してしまう必要も出てくる。君主がその支配権を楯にして、よく分からない戦略・戦術に過度に口出しをすれば、『自ら勝利を捨ててしまう』という勿体ない事態を引き起こしかねないという。

[書き下し文]

第三 謀攻篇(つづき)

五 故に勝を知るに五あり。戦うべきと戦うべからざるとを知る者は勝つ。衆寡(しゅうか)の用を識る(しる)者は勝つ。上下の欲を同じうする者は勝つ。虞(ぐ)を以て不虞を待つ者は勝つ。将、能にして君の御せざる者は勝つ。此の五者は勝を知るの道なり。故に曰く、彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず(あやうからず)。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎(ごと)に必ず殆うしと。

[現代語訳]

五 だから、勝利を得るためには五つの方法がある。戦うべき時と戦ってはならない時とを知っている者は勝つ。大軍と小ない軍隊の用兵を弁えている者は勝つ。上下の人々の心・目的が合っていれば勝つ。自分が十分に準備して、準備していない敵と戦う者は勝つ。将軍が有能であり、君主が無闇に干渉しなければ勝つ。この五つの要因は勝利を知るための道である。そのため、『敵の実情を知り、己の実情を知っていれば、百回戦っても敗れる危険がない。敵を知らずに自分をよく知っていれば、勝ったり負けたりする。敵を知らずに自分のことも知らなければ、戦う度に必ず敗れる危険に晒される』と言われているのだ。

[解説]

孫子の兵法において最も有名なフレーズで戦の格言にもなっている『彼(敵)を知り、己を知れば、百戦殆うからず』が出現する章である。前の部分で、『戦争で負ける要因』を上げた孫子は、ここでは『戦争に勝利するための5つの要因』を的確に上げている。戦うべき時と戦うべきでない時の見極めというのは、『自軍が確実に勝てる状況であるか否か(自軍が敵軍よりも数と能力・練度において上回っているか)』ということを正確にわきまえているという事である。孫子は自軍にできるだけ早く十分な戦争の準備をさせてから、まだ準備ができていない段階の敵軍を叩くことを、一つの必勝の法則と捉えていた。

Copyright(C) 2014- Es Discovery All Rights Reserved