『論語 述而篇』の書き下し文と現代語訳:1

スポンサーリンク

孔子と孔子の高弟たちの言行・思想を集積して編纂した『論語』の述而篇の漢文(白文)と書き下し文を掲載して、簡単な解説(意訳や時代背景)を付け加えていきます。学校の国語の授業で漢文の勉強をしている人や孔子が創始した儒学(儒教)の思想的エッセンスを学びたいという人は、この『論語』の項目を参考にしながら儒学への理解と興味を深めていって下さい。『論語』の述而篇は、以下の3つのページによって解説されています。

[白文]1.子曰、述而不作、信而好古、窃比我於老彭。

[書き下し文]子曰く、述べて作らず、信じて古(いにしえ)を好む。窃か(ひそか)に我を老彭(ろうほう)に比す。

[口語訳]先生(孔子)が言われた。『陳述するだけで新たに制作しない、古代の教えを信じてそれを好んでいる。そんな自分を密かに老彭になぞらえているのだ。』

[解説]晩年の孔子の基本的な学問への態度を示した部分であり、『学問の教えを述べる(教える)』ことに徹して、『礼制や祭祀を新たに作る』ことからは手を引いているということである。孔子は古代の周王朝の政治体制や礼制を尊重しておりそれを好んでいたのだが、『新たに礼楽を作る』ということは実際的な政治を実施するということである。しかし、この言葉を述べた時期の孔子は政治の一線からは身を退いて、門弟たちの教育に情熱を傾けており、そんな自分を理想的な賢人である『老彭』になぞらえているのである。老彭が何ものなのかについては確定していないが、一説には周の前の『殷の時代』に朝廷に仕えた名宰相(賢哲)・彭祖(ほうそ)のことであるという。

[白文]2.子曰、黙而識之、学而不厭、誨人不倦、何有於我哉。

[書き下し文]子曰く、黙してこれを識し(しるし)、学びて厭わず(いとわず)、人を誨えて(おしえて)倦まず。我に於いて何かあらん。

[口語訳]先生がおっしゃった。『黙って記憶し、学んで飽きることがなく、他人に教えて倦怠することがない。これは私にとっては大したことではない。』

[解説]孔子は自らが理想と考える教育者像を、自らの弟子の教育の中で見事に実践していた。その学者や教育者としての理想像が、無駄話をせずに必要な知識を蓄えることであり、学習し続けて飽きないことであり、弟子たちを教育して面倒にならないことだったのである。

[白文]3.子曰、徳之不脩、学之不講、聞義不能徒、不善不能改、是吾憂也。

[書き下し文]子曰く、徳の脩まらざる(おさまらざる)、学の講ぜざる、義を聞きて徒る(うつる)能わず(あたわず)、不善改むる能わざる、これ吾が憂いなり。

[口語訳]先生がおっしゃった。『道徳の修養ができない、学問の勉強が足りない、正しいことを聞いて心を変えられず、間違ったことをしたと分かっていてそれを改めることができない。これが、私の心配である。』

[解説]この章句は、学問上の不勉強や道徳上の間違いを孔子が非難している部分であるが、この非難・注意が誰に向けられているのかには2つの説がある。一つは、老年の孔子が弟子達の不品行や勉強への熱意の弱さを叱責したというもの、もう一つは老年にいたってもなお、人格や学問を完成できない自分自身(孔子自身)を自己批判したというものである。

スポンサーリンク

[白文]4.子之燕居、申申如也、夭夭如也。

[書き下し文]子の燕居(えんきょ)、申申如(しんしんじょ)たり、夭夭如(ようようじょ)たり。

[口語訳]先生がゆったりとくつろいでいる時は、のびのびとしている、そして、明るく朗らかである。

[解説]孔子晩年の『温和で完熟した人格』の様子を簡潔に示した章句であり、孔子のくつろぎは、のびのびと自由であり、明るい微笑みをたたえたものであった。

[白文]5.子曰、甚矣、吾衰也、久矣、吾不復夢見周公也。

[書き下し文]子曰く、甚だしいかな、吾の衰えたるや。久しいかな、吾復た(また)夢に周公を見ざること。

[口語訳]先生がおっしゃった。『ひどいものであるな、私の老いて衰えた姿は。長い時間が過ぎてしまったな、(理想とする)周公のお姿を夢で見なくなってから。』

[解説]孔子が晩年になって、政治的な理想を遂に果たす事が出来なかった後悔を感じ、自分自身の老衰に対する憂いを訴えている章句である。孔子は若かりし頃には、自身が理想的な君子と考えていた周公旦を毎日のように夢で見ていたという。

[白文]6.子曰、志於道、拠於徳、依於仁、遊於芸。

[書き下し文]子曰く、道に志し、徳に拠り、仁に依り、芸に遊ぶ。

[口語訳]先生が言われた。『道に志し、徳を根拠とし、仁に依拠して、芸の境地に遊ぶ。』

[解説]孔子が理想とした『先王(周公旦)の政治と礼楽の道』への情熱的な志の深さを述べた部分であり、徳性を修得して仁に依拠した行動を自然に取れることが大切だと説いている。芸とは古代の貴族階級が嗜み・礼節としていた『六芸(礼・楽・射・御・書・数)』のことである。

[白文]7.子曰、自行束脩以上、吾未嘗無誨焉。

[書き下し文]子曰く、束脩(そくしゅう)を行うより以上は、吾未だ嘗て(いまだかつて)誨えること無きにあらず。

[口語訳]先生が言われた。『一束の乾し肉を携えて入門してきた弟子に対して、私が学問や道徳を教えて上げないということはなかった。』

[解説]束脩(そくしゅう)というのは、師匠に教えを請う時に礼節としてお贈りする『一束の乾し肉』のことであり、孔子は弟子が礼を尽くせばそれに応えないということはなかったのである。

[白文]8.子曰、不憤不啓、不非不発、挙一偶不以三隅反、則不復也。

[書き下し文]子曰く、憤せずんば(ふんせずんば)啓せず、非せずんば発せず。一隅を挙げて、三隅を以て反らざれば(かえらざれば)、則ち復(ふく)せざるなり。

[口語訳]先生が言われた。『憤るくらいでなければ啓蒙(教育)をしない。言いたくて仕方がないというくらいでなければ、教えの言葉を発しない。一隅を挙げて説明した場合に、三隅をもって返答してこないのであれば、二度と教えることはない。』

[解説]教育者としての孔子の基本的態度であり、『弟子が自分自身で問題意識を持つ大切さ』と『教育者の教えたいという情熱の激しさ』について語ったものであり、『志学の精神』がないやる気のない弟子に対しては、孔子は二度と教えるつもりはないと厳しい宣言をしている。

[白文]9.子食於有喪者之側、未嘗飽也、子於是日哭、則不歌。

[書き下し文]子、喪ある者の側で食すれば、未だ嘗て飽かざるなり。子、是の日に於いて哭(こく)すれば、則ち歌わず。

[口語訳]先生は、喪中の人の近くで食事をする時には、今まで満腹になるまで食べたことはない。先生は葬儀の時に声を上げてないた時には、まったく歌を歌うことがなかった。

[解説]古代中国では、死者の魂魄を慰霊するという意味で葬儀は非常に重要な『礼』の一つであったが、孔子は『形式化した服喪や葬儀』を嫌っていた。親しい人を亡くして服喪している相手の側でおなか一杯になるまで食事をするのは礼に反すると考え、葬儀の席で大きな声を出して泣いた後には、」その『悲しみの感情』をその日一日くらいは持ち続けていないといけない(歌などを歌って楽しんではいけない)と考えたのである。

[白文]10.子謂顔淵曰、用之則行、舍之則蔵、唯我与爾有是夫、子路曰、子行三軍、則誰与、子曰、暴虎馮河、死而無悔者、吾不与也、必也臨事而懼、好謀而成者也。

[書き下し文]子、顔淵(がんえん)に謂いて曰く、これを用うれば則ち行い、これを舎つれば(すつれば)則ち蔵る(かくる)。唯(ただ)我と爾(なんじ)と是(これ)あるかな。子路(しろ)曰く、子、三軍を行わば、則ち誰と与(とも)にかせん。子曰く、暴虎馮河(ぼうこひょうが)し、死して悔いなき者は、吾与にせざるなり。必ずや事に臨みて懼れ(おそれ)、謀(ぼう)を好みて成さん者なり。

[口語訳]先生が顔淵に向かって言われた。『採用されれば俗世で活躍し、見捨てられれば俗世から隠遁する。これは私とお前だけが出来ることだろう。』。それを聞いた子路が言った。『先生が三軍を指揮する時には、誰と一緒に行きますか?』。先生がお答えになられた。『素手で虎に立ち向かい、大河を徒歩で歩いて渉ろうとするような男、死んでも後悔しないような人物とは、私は一緒に三軍を率いることは出来ないな。物事に対処するに当たっては臆病なほどに慎重であり、よく計略を立ててから物事を成し遂げる人物と一緒に行動したいものだ。』

[解説]孔子は、学識と胆力に優れた顔淵を深く愛したが、同時に勇気と決断力が第一であった子路も同じくらいに深く愛していた。顔淵の人格と徳性を絶賛する孔子の言葉を聴いて嫉妬した子路が、『大軍を率いる戦争であれば、自分のほうが顔淵よりも優れている』ということを孔子に認めてもらいたくて上記のような質問をしたのである。しかし、孔子は直情径行で短絡的なところのある子路の誠実さや率直さを認めながらも、『暴虎馮河(向こう見ずで無謀な振る舞い)』では自身の生命が危ういだけでなく、本当の目標も達成することができないと子路をたしなめたのである。軽薄な蛮勇や無謀な挑戦は、『真の勇気や知略』からはほど遠いものであると孔子は熟知していたのであろう。

スポンサーリンク
Copyright(C) 2004- Es Discovery All Rights Reserved