『論語 顔淵篇』の書き下し文と現代語訳:1

スポンサーリンク

孔子と孔子の高弟たちの言行・思想を集積して編纂した『論語』の顔淵篇の漢文(白文)と書き下し文を掲載して、簡単な解説(意訳や時代背景)を付け加えていきます。学校の国語の授業で漢文の勉強をしている人や孔子が創始した儒学(儒教)の思想的エッセンスを学びたいという人は、この『論語』の項目を参考にしながら儒学への理解と興味を深めていって下さい。『論語』の顔淵篇は、以下の3つのページによって解説されています。

[白文]1.顔淵問仁、子曰、克己復礼為仁、一日克己復礼、天下帰仁焉、為仁由己、而由人乎哉、顔淵曰、請問其目、子曰、非礼勿視、非礼勿視、非礼勿言、非礼勿動、顔淵曰、回雖不敏、請事斯語矣、

[書き下し文]顔淵、仁を問う。子曰く、己に克ちて礼に復る(かえる)を仁と為す。一日己に克ちて礼に復れば天下仁に帰す。仁を為すは己に由る(よる)、而うして人に由らんや。顔淵曰く、請う、その目を問わん。子曰く、礼に非ざれば視ること勿れ、礼に非ざれば聴くこと勿れ、礼に非ざれば言うこと勿れ、礼に非ざれば動くこと勿れ。顔淵曰く、回、不敏と雖も、請う、斯の(この)語を事とせん。

[口語訳]顔淵が仁についてお尋ねした。先生は答えて言われた。『自己に打ち克って礼に復帰することが仁の道である。一日でも自己に打ち克って礼の規則に立ち返ることができれば、天下の人民はその仁徳に帰服するだろう。仁の実践は自己の努力に由来するので、他人に頼って仁を実践することなどはできない。』。顔淵がさらに質問をした。『どうか、仁徳の具体的な実践項目について教えてください。』。先生はお答えになられた。『礼の規則に外れていれば見てはいけない、礼の規則でなければ聴いてはいけない、礼の規則を無視した発言をしてはいけない、礼の規則に外れた行動をしてはいけない。』。顔淵が申し上げた。『私は愚鈍な人物ではありますが、先生の言葉を実践させて頂きたいと思っています。』。

[解説]孔子が弟子の顔淵に、『克己心に基づく礼の本質』について述べた章であり、孔子は自分自身の欲求や未熟に打ち克って礼制の実践をすることに意義があると考えた。礼の規則に対する自律性と克己心の重要性を述べた部分であり、顔淵には孔子の教えをそのまま受け容れるだけではない自律的な礼の精神が期待されていた。

[白文]2.仲弓問仁、子曰、出門如見大賓、使民如承大祭、己所不欲、勿施於人、在邦無怨、在家無怨、仲弓曰、雍雖不敏、請事斯語矣、

[書き下し文]仲弓(ちゅうきゅう)、仁を問う。子曰く、門を出でては大賓(だいひん)を見るが如くし、民を使うには大祭に承うるが如くす。己の欲せざるところ人に施す勿れ。邦に在りても怨み無く、家に在りても怨み無し。仲弓曰く、雍(よう)、不敏と雖も、請う、斯の語を事とせん。

[口語訳]仲弓が仁徳について質問をした。先生はお答えになられた。『大門を出て人を迎える時には、いつでも重要な国賓を迎えるようにして、国民を使役する時には、宗廟の大祭を勤めるように厳かに行う。自分がされたくないことを、他人にしてはいけない。そうであれば、国に仕えても人に恨まれることがなく、家庭にいても人から恨まれることはない。』。仲弓は申し上げた。『私は愚鈍な人物ではありますが、先生の言葉を実践させて頂きたいと思っています。』。

[解説]孔子が弟子の仲弓に仁の徳の本質について教諭した章であり、『論語』の道徳規範として有名な『己の欲せざるところ、人に施すことなかれ』が出現する部分でもある。キリスト教の黄金則は『自分がしてもらいたいことを、人にしてあげなさい』であるが、儒教の道徳規範ではお互いに危害を加えるような干渉をやめて『怨み・怒り・復讐の気持ち』を相手に抱かせない配慮に骨子がある。

[白文]3.司馬牛問仁、子曰、仁者其言也刃、曰、其言也刃、斯可謂之仁已矣乎、子曰、為之難、言之得無刃乎、

[書き下し文]司馬牛(しばぎゅう)、仁を問う。子曰く、仁者はその言や刃(ジン・正しい漢字は、ごんべんが必要)、曰く、その言や刃、これこれを刃と謂うべきか。子曰く、これを為すこと難し。これを言うに刃なることなきを得んや。

[口語訳]司馬牛が仁徳について質問した。先生が言われた。『仁徳ある人は、言葉が滑らか(饒舌)ではない。』。司馬牛はさらに聞いた。『言葉が滑らかでない人であれば、それは全て仁者なのでしょうか。』。先生がお答えになった。『仁を実践することは難しく、仁者であれば(表層的な)言葉が滑らかであることはないだろう。』

[解説]上辺の言葉や見せ掛けの表情だけを装飾した『巧言令色』を嫌い、『巧言令色、鮮なし仁』とまで言った孔子は、弟子の司馬牛に対して『仁者とは、言葉滑らかにペラペラと喋るような人ではない』と教えたのである。

スポンサーリンク

[白文]4.司馬牛問君子、子曰、君子不憂不懼、曰、不憂不懼、斯可謂之君子已乎、子曰、内省不疚、夫何憂何懼、

[書き下し文]司馬牛、君子を問う。子曰く、君子は憂えず懼れず(おそれず)。曰く憂えず懼れず、これこれを君子と謂うべきか。子曰く、内に省みて疚しからざれば、それ何をか憂え何をか懼れん。

[口語訳]司馬牛が君子について質問した。先生はお答えした。『君子は心配したり、恐れたりしないものだ。』。司馬牛はさらにお尋ねした。『心配したり恐れたりしない者は、みんな君子といっていいのでしょうか。』。先生は言われた。『自分自身を内省してやましいところがないのであれば、いったい何を心配して何を恐れるというのだろうか。』。

[解説]孔子が司馬牛に君子について問われた部分で、君子は自分自身の良心や倫理に照らし合わせて何らやましいところがないのであれば、君子といって良いだろうと答えた。司馬牛とは、紀元前492年に宋を訪れた孔子を襲撃した司馬タイ(桓タイ)の弟である。

[白文]5.司馬牛憂曰、人皆有兄弟、我独亡、子夏曰、商聞之矣、死生有命、富貴在天、君子敬而無失、与人恭而有礼、四海之内、皆為兄弟也、君子何患乎無兄弟也、

[書き下し文]司馬牛、憂えて曰く、人は皆兄弟(けいてい)有れども、我独り亡し(なし)。子夏曰く、商これを聞けり、死生、命あり、富貴、天に在り。君子敬みて(つつしみて)失なく、人と与わり(まじわり)恭しくして礼あらば、四海の内皆兄弟たらん。君子何ぞ兄弟なきを患えん(うれえん)。

[口語訳]司馬牛は憂鬱な雰囲気で言った。『人間にはみんな兄弟がいるというのに、私だけはただ一人だ。』。子夏が言った。『私は死生の別も運命であり、富み栄えるのも天命であるという言い伝えを聞いている。君子が慎み深い態度をとって間違いを行わず、人と親切に交流して礼を失わなければ、世界のすべての人々がみな兄弟になるだろう。君子であるものがどうして兄弟がないというくらいのことを心配するだろうか。』。

[解説]司馬牛の兄の司馬タイは、宋の景公に反乱を企てたり孔子を襲撃したりするなど道徳的に好ましくない人物であり、宋から追放されて衛に亡命した時に司馬牛と司馬タイの兄弟の縁は絶縁状態になっていたとも言われる。血縁関係にある大切な兄弟を失った司馬牛が悲嘆に暮れていたところ、同じ儒教教団の門下である子夏が来て『徳は孤ならず』の同志愛の精神を説き、兄弟がいないくらいのことを憂う必要はないと励ましたのである。『君子敬みて(つつしみて)失なく、人と与わり(まじわり)恭しくして礼あらば、四海の内皆兄弟たらん』の部分は、人徳によって膨大な数の民衆の支持を結集して安定的に国家を統治するという、儒教の徳治政治の理想につながる部分でもある。

[白文]6.子張問明、子曰、浸潤之譖、膚受之愬、不行焉、可謂明也已矣、浸潤之譖、膚受之愬、不行焉、可謂遠也已矣、

[書き下し文]子張、明を問う。子曰く、浸潤(しんじゅん)の譖り(そしり)、膚受(ふじゅ)の愬え(うったえ)、行われざる、明と謂うべし。浸潤(しんじゅん)の譖り(そしり)、膚受(ふじゅ)の愬え(うったえ)、行われざる、遠しと謂うべし。

[口語訳]子張が、聡明さについて質問した。先生はお答えになられた。『じわじわと浸潤してくる他人の誹謗中傷と、皮膚に直接感じる無実の訴え、これを受け付けないのが聡明である。じわじわと浸潤してくる他人の誹謗中傷と、皮膚に直接感じる無実の訴え、これを受け付けなければ遠大な未来を見る聡明さがあるということになる。』

[解説]孔子が『聡明さ』について質問してきた子張の疑問に答えた部分であり、孔子は『根拠のない誹謗中傷や無実の人を陥れようとする訴えに耳を貸さない態度』をして聡明と考えていたのである。

[白文]7.子貢問政、子曰、足食足兵、民信之矣、子貢曰、必不得已而去、於斯三者、何先、曰去兵、曰必不得已而去、於斯二者、何先、曰去食、自古皆有死、民無信不立、

[書き下し文]子貢、政を問う。子曰く、食を足らしめ、兵を足らしめ、民をして信あらしめよ。子貢曰く、必ず已むを得ずして去らば、斯の三者に於いて何をか先にせん。曰く、兵を去れ。曰く、必ず已むを得ずして去らば、斯の二者に於いて何をか先にせん。曰く、食を去れ。古より皆死あり、民信なくんば立たず。

[口語訳]子貢が政治についてお尋ねした。先生が言われた。『食物を十分にし、軍事を十分にし、人民に信用してもらうことだ。』子貢が質問した。『もし、やむを得ない理由で、この3つのうちのどれかを諦めなければならないとしたら、どれを先に諦めましょうか。』。先生は言われた。『まずは、軍事を諦めよ。』。子貢が申し上げた。『もし、やむを得ない理由で、残りの2つのうちのどちらかを諦めなければならないとしたら、どちらを先に諦めましょうか。』。先生は言われた。『食物を諦めよ。古来から人はみな死ぬ定めにあるが、人民に信頼がなければ国家は成立しないのだから。』。

[解説]孔子が子貢の政治についての質問に答えて、『国家成立のための政治の要諦』を3つの原理(食物・軍事・信頼)を通して語ったものである。

[白文]8.棘子成曰、君子質而已矣、何以文為矣、子貢曰、惜乎夫子之説君子也、駟不及舌、文猶質也、質猶文也、虎豹之郭、猶犬羊之郭也、

[書き下し文]棘子成(きょくしせい)曰く、君子は質のみ、何ぞ文を以て為さんや。子貢曰く、惜しいかな夫の(かの)子(し)の君子を説くや。駟(し)も舌に及ばず。文は猶質のごとく、質は猶文のごときならば、虎豹(こひょう)の郭(カク・正しい漢字は、左に革がつく)は猶犬羊(けんよう)の郭のごときなり。

[口語訳]棘子成が言った。『君子は実質のみが重要で、どうして装飾・形式などがいるだろうか。』。子貢がそれに対して言った。『棘子成の君子について語った言葉は、惜しい言葉だったな。四頭立ての馬車の速度でさえ、舌禍を取り消すことは出来ないのだ。装飾は実質のようなものであり、実質は装飾のようなものであるということで、両者ともに必要なものである。虎・豹のなめし皮は、犬・羊のなめし皮のようであり、どちらとも必要なものである。』。

[解説]国家統治の手段である礼楽を重視する儒教に対して批判的だった棘子成は、『形式的・装飾的な礼の実践は不要だ』と放言したが、それに対して孔子門下の子貢は『実質も確かに大切だが、同様に装飾的な礼も大切である』と反論したのである。実質と形式は絶えず相補的でどちらも欠かすことが出来ないという儒教の基本スタンスが現れている。

スポンサーリンク
Copyright(C) 2004- Es Discovery All Rights Reserved