『源氏物語』の現代語訳:桐壺2

紫式部が平安時代中期(10世紀末頃)に書いた『源氏物語(げんじものがたり)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。『源氏物語』は大勢の女性と逢瀬を重ねた貴族・光源氏を主人公に据え、平安王朝の宮廷内部における恋愛と栄華、文化、無常を情感豊かに書いた長編小説(全54帖)です。『源氏物語』の文章は、光源氏と紫の上に仕えた女房が『問わず語り』したものを、別の若い女房が記述編纂したという建前で書かれており、日本初の本格的な女流文学でもあります。

『源氏物語』の主役である光源氏は、嵯峨源氏の正一位河原左大臣・源融(みなもとのとおる)をモデルにしたとする説が有力であり、紫式部が書いた虚構(フィクション)の長編恋愛小説ですが、その内容には一条天皇の時代の宮廷事情が改変されて反映されている可能性が指摘されます。紫式部は一条天皇の皇后である中宮彰子(藤原道長の長女)に女房兼家庭教師として仕えたこと、『枕草子』の作者である清少納言と不仲であったらしいことが伝えられています。『源氏物語』の“その年の夏、 御息所~”が、このページによって解説されています。

参考文献
『源氏物語』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),玉上琢弥『源氏物語 全10巻』(角川ソフィア文庫),与謝野晶子『全訳・源氏物語 1~5』(角川文庫)

[古文・原文]

その年の夏、 御息所(みやすどころ)はかなき心地にわづらひて、まかでなむとし給ふを、暇(いとま)さらに許させ給はず。年頃、常の篤しさになり給へれば、御目(おんめ)馴れて、なほしばしこころみよ、とのみ宣はする(のたまわする)に、日々に重り給ひて、ただ五六日(いつかむいか)のほどに、いと弱うなれば、母君泣く泣く奏して、まかでさせ奉り給ふ。かかる折にも、あるまじき恥もこそと心づかひして、御子をば留め奉りて、忍びてぞ出で給ふ。

限りあれば、さのみもえ止め(とどめ)させ給はず、御覧じだに送らぬおぼつかなさを、言ふ方なく思ほさる。いとにほひやかに美しげなる人の、いたう面(おも)痩せて、いとあはれとものを思ひしみながら、言に出でても聞こえやらず、あるかなきかに消え入りつつものし給ふを 御覧ずるに、来し方行く末思し召されず、よろずのことを泣く泣く契り(ちぎり)宣はすれど、御いらへもえ聞え給はず、まみなどもいとたゆげにて、いとどなよなよと、我かの気色にて臥したれば、いかさまにと、思し召しまどはる。輦車(てぐるま)の宣旨など宣はせても、 また入らせ給ひて、さらにえ許させ給はず。

(帝)『限りあらむ道にも、後れ先立たじと契らせ給ひけるを、さりとも、うち捨ててはえ行きやらじ』と宣はするを、女もいといみじと見奉りて、

(更衣)『限りとて 別るる道の 悲しきに いかまほしきは 命なりけり

いとかく思ひ給へましかば』

と、息も絶えつつ、聞こえまほしげなることはありげなれど、いと苦しげにたゆげなれば、かくながら、ともかくもならむを御覧じはてむと思し召すに、(更衣家人)『今日始むべき祈りども、さるべき人々うけたまはれる、今宵より』と聞え急がせば、わりなく思ほしながら、まかでさせ給ふ。

[現代語訳]

その年の夏、御息所(帝の子を産んだ更衣)が、病を得て頼りない感じになってしまったので、実家に帰ろうとなさるのを、帝はお許しになられない。ここ数年来はいつも病気がちであったので、帝はその姿をお見慣れになってしまい、『このまましばらく養生して様子を見なさい』とばかりおっしゃっておられたが、その内に日々に病状が重くなっていき、わずか五、六日でひどく衰弱したので、母君が涙ながらに帝に奏上して、実家に帰らせることになった。このような時には、あってはならない子への呪詛にも気配りして、御子は残したままで、人目につかないようにして後宮を退出されていった。

決まりがあるので、これ以上は更衣を留めることが不可能であると帝はお思いになり、更衣が退出していくところを見送ることができない尊貴な自らの身分を、どうしようもなく悲しまれていた。華やかな顔だちをしていた美人がとても痩せこけてしまって、心の中で帝とお別れする悲しみを抱いていたが、口に出してその悲しみを言うことなどはできない。

生命があるかないかという感じで(更衣が)弱っているのを御覧になると、帝は過去も未来も考えることができなくなってしまい、泣く泣く色々と将来の安心できる約束をなされようとするのだが、更衣はお返辞すらもできないのである。目つきはとてもだるそうな感じで、平生からなよなよとした人が更に弱々しい風情になって寝ているのだから、これは一体どうなるのだろうという不安を帝は感じていた。

輦車で更衣を実家に送り届けよという御許可の宣旨を役人へ出そうとされるのだが、病室にお帰りになるとまた心配になってしまいその宣旨を取り消してしまう。

『限りある人生を終える時には、どちらかが先に行くことはないと約束したのだから、私を置き去りにして実家に帰ることはできないはずだ。』

とおっしゃると、女の方もとても悲しそうに帝を見上げて、

『生命に限りがあり別れの時が来るのはとても悲しいことですが、私が行こうとしている道は、生の世界につながる道なのです。本当にこのように思っているのです。』

と息も絶え絶えに申し上げて、更に帝に話したいことがありそうな様子であるが、非常に苦しそうで気力もなくなってきている。こんなに弱っているのであれば、このまま自分の側で死なせたいと帝はお思いになったが、今日から始めるはずの祈祷を高僧たちが承っていて、それをぜひ今夜から始めなければばなりませんと言い、更衣の出発を急がせるので、帝は別れがたくお思いになりながらも、実家に帰らせたのだった。

スポンサーリンク

[古文・原文]

御胸(おむね)つとふたがりて、つゆまどろまれず、明かしかねさせ給ふ。御使(おつかい)の行き交ふほどもなきに、なほいぶせさを限りなく宣はせつるを、(更衣家人)『夜半うち過ぐるほどになむ、絶えはて給ひぬる』とて泣き騒げば、御使もいとあへなくて帰り参りぬ。聞こし召す御心まどひ、何ごとも思し召しわかれず、籠もりおはします。

御子は、かくてもいと御覧ぜまほしけれど、かかるほどに侍ひ給ふ例なきことなれば、まかで給ひなむとす。何事かあらむとも思したらず、侍ふ人々の泣きまどひ、主上(うえ)も御涙のひまなく流れおはしますを、あやしと見奉り給へるを、よろしきことにだに、かかる別れの悲しからぬはなきわざなるを、ましてあはれに言ふかひなし。

[現代語訳]

帝のお胸は悲しみで塞がってしまい、少しもうとうとすることもできず、夜を明かすことも出来なかった。お使いの勅使が行き来する間もないうち、しきりに気がかりで不安なお気持ちを何度もお漏らしになっておられたが、更衣の家人が『夜半を少し過ぎた頃、お亡くなりになりました』と言って泣き騒ぐので、勅使もがっかりした様子で帰参した。更衣が亡くなったことを聞いた帝の御心は乱れに乱れて、どのようなご分別をもつけられなくなり(聴政もできなくなり)、引き籠もってしまわれた。

それでも、更衣の忘れ形見である皇子だけは側へ置いておきたいと思ったのだが、母の忌服中の皇子が、宮中に居続けるという前例がないので、更衣の実家へと退出されることになった。皇子はどんな事があったのかもお知りにならず、侍女たちが泣き騒いでいて、帝のお顔にも涙が流れてばかりいるご様子を不思議にお思いになられている。父子の別れというのは平時でも悲しいものだから、帝の悲しみに沈むお気持ちはこれ以上ないほどに気の毒なものであった。

[古文・原文]

限りあれば、例の作法にをさめ奉るを、母北の方、『同じ煙にのぼりなむ』と、泣き焦れ(こがれ)給ひて、御送りの女房の車に慕ひ乗り給ひて、愛宕(あたご・おたぎ)といふ所にいといかめしうその作法したるに、おはし着きたる心地、いかばかりかはありけむ。『むなしき御骸(おんから)を見る見る、なほおはするものと思ふがいとかひなければ、灰になり給はむを見奉りて、今は亡き人と、ひたぶるに思ひなりなむ』と、さかしう宣ひつれど、車よりも落ちぬべうまろび給へば、『さは思ひつかし』と、人々、もてわづらひ聞ゆ。

内裏(うち)より御使あり、三位の位贈り給ふよし、勅使来てその宣命読むなむ、悲しきことなりける。女御とだに言はせずなりぬるが、あかず口惜しう思さるれば、いま一階(ひときざみ)の位をだにと、贈らせ給ふなりけり。これにつけても憎み給ふ人びと多かり。もの思ひ知り給ふは、 様・容貌(さま・かたち)などのめでたかりしこと、心ばせのなだらかにめやすく、憎みがたかりし事など、今ぞ思し出づる。さま悪しき御もてなしゆゑこそ、すげなう、嫉み(そねみ)給ひしか。人柄のあはれに情けありし御心を、主上(うえ)の女房なども、恋ひしのびあへり。『なくてぞ』とは、かかる折にやと見えたり。

[現代語訳]

しきたりがあるので、先例の葬儀の方法どおりに営んでいたが、母・北の方は、娘と同じように煙になって死んでしまいたいと、泣き明かされた。葬送の女房の車に後を追ってお乗りになって、愛宕という所でとても厳かにその葬儀を執り行っていたが、愛宕にお着きになったお気持ちはどのようなものだっただろうか。『亡骸を見ていると、また生きていらっしゃるようにも思われるのだが、そんな事を考えても何にもならないので、遺灰になるのを拝見した今は、もう死んだ人なのだときっぱり諦めようと思います』と、分別があるようにおっしゃっていた。しかし、車から落ちてしまいそうなほどに取り乱しておられるので、『やはり思ったとおり悲しいのだ』と、女房たちもあれこれ世話を焼いている。

宮中から葬儀場へとお使いがやって来た。更衣に三位の位階(三位は女御の位階である)を遺贈されるという宣命をお使いの者が読んだ時ほど、未亡人(母親)にとって悲しいことはなかった。桐壺が生きている時には、女御とも呼ばれることが無かったことを、帝は心残りに思われており、三位の贈位を行ったのである。こんな事に対しても、後宮のある人々は反感・恨みを持つことになった。

桐壺をよく知っている人は、故人の容貌の美しさや性格が穏やかで愛らしいことなど、憎むことができなかった人だなと、今になって思い出していた。桐壺はあまりにご寵愛を強く受けていたので、冷たくされたり、嫉妬されることになったのだ。しかし、優しくて情愛が深い女性であったことを、帝に付いている女官たちはみんな恋しく偲んでいた。『亡くなってこそ、人は恋しく思われる』とは、こういった時のことかと思われた。

スポンサーリンク
Copyright(C) 2004- Es Discovery All Rights Reserved