『竹取物語』の原文・現代語訳12

スポンサーリンク

『竹取物語』は平安時代(9~10世紀頃)に成立したと推定されている日本最古の物語文学であり、子ども向けの童話である『かぐや姫』の原型となっている古典でもあります。『竹取物語』は、『竹取翁の物語』『かぐや姫の物語』と呼ばれることもあります。竹から生まれた月の世界の美しいお姫様である“かぐや姫”が人間の世界へとやって来て、次々と魅力的な青年からの求婚を退けるものの、遂には帝(みかど)の目にも留まるという想像力を駆使したファンタジックな作品になっています。

『竹取物語』は作者不詳であり成立年代も不明です。しかし、10世紀の『大和物語』『うつほ物語』『源氏物語』、11世紀の『栄花物語』『狭衣物語』などに『竹取物語』への言及が見られることから、10世紀頃までには既に物語が作られていたと考えられます。このウェブページでは、『大納言これを聞きてのたまはく~』の部分の原文・現代語訳(意訳)を記しています。

参考文献
『竹取物語(全)』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),室伏信助『新装・竹取物語』(角川ソフィア文庫),阪倉篤義 『竹取物語』(岩波文庫)

[古文・原文]

大納言これを聞きてのたまはく、『船に乗りてはかぢ取りの申すことをこそ、高き山と頼め。などかく頼もしげなく申すぞ』と青反吐(あおへど)を吐きてのたまふ。かぢ取り答へて申す、『神ならねば何業をか仕う(つこう)まつらむ。風吹き、浪烈し(はげし)けれども、雷さへ頂に落ちかかるやうなるは、竜を殺さむと求め給へば、あるなり。疾風(はやて)も竜の吹かするなり。はや神に祈り給へ』と言ふ。

『よきことなり』とて、『かぢ取りの御神聞こしめせ。をぢなく、心幼く、竜を殺さむと思ひけり。今より後は、毛の一筋をだに動かし奉らじ』と、寿詞(よごと)を放ちて、立ち居、泣く泣く呼ばひ給ふこと、千度(ちたび)ばかり申し給ふけにやあらむ、やうやう雷鳴りやみぬ。少し光りて、風はなほ疾く(はやく)吹く。

かぢ取りの言はく、『これは竜の所為(しわざ)にこそありけれ。この吹く風は、よき方の風なり。悪しき方の風にはあらず。よき方に赴きて吹くなり』と言へども、大納言は、これを聞き入れ給はず。

三、四日吹きて、吹き返し寄せたり。浜を見れば、播磨の明石の浜なりけり。大納言、『南海の浜に吹き寄せられたるにやあらむ』と思ひて、息づき臥し給へり。

船にある男ども、国に告げたれども、国の司まうでとぶらふにも、え起きあがり給はで、船底に臥し給へり。松原に御筵(みむしろ)敷きて、下ろし奉る。その時にぞ、『南海にあらざりけり』と思ひて、からうして起き上がり給へるを見れば、風いと重き人にて、腹いとふくれ、こなたかなたの目には、すももを二つつけたるやうなり。これを見奉りてぞ、国の司もほほゑみたる。

[現代語訳]

大納言はこの船長の言葉を聞いて、『船に乗ったら舵取り(船長)の言葉を、高い山のように信頼すべきだと言われている。どうしてそのような弱音を吐くのか。』と気分の悪さで吐きながら言った。船長はそれに答えて、『私は神ではないのでどうしようも出来ません。暴風が吹いて、荒波が押し寄せ、雷まで落ちそうになっているのは、(海神である)竜を殺そうとしているからでしょう。暴風も竜が吹かせていると言われています。早く神様に祈ってください。』と言った。

『それは良い意見だ。』と言って、『舵取りの神様よ、どうかお聞き下さい。神を畏れずに子どもじみた考えで、竜を殺そうと思ってしまいました。しかし、これからは竜の毛の先一本にすら触れようとは思いません。』と、誓願の言葉を語って、立ったり座ったりして泣きながら訴えかけた。千回ほども祈り続けたお陰なのだろうか、ようやく雷が鳴りやんだ。雷は少し光っていて、風はまだ強い。

船長が、『これは竜の仕業です。今吹いている風は良い方角の風です。悪い方角の風ではない。良い方向に向かって吹き続けています。』と言ったが、暴風雨で参っていた大納言はこの言葉が耳に入ってこなかった。

3~4日この風が吹き続けて、船を海岸のほうに吹き寄せた。浜を見ると、播磨国(兵庫県)の明石の浜だった。大納言は、『南海の浜に吹き寄せられてしまったのだろう。』と思って、ため息をついて横になっていた。

船に乗り込んでいた男たちが、国に報告すると、国司が救助に駆けつけてきたが、大納言は起き上がることができずに、船底に寝たままだった。浜辺の松原に敷物を敷いて、大納言を船から下ろした。その時に、『南海ではなかったのだ。』と思ってようやく起き上がったのだが、その大納言の姿を見ると、体調がすっかり悪くなっていて腹が膨れ上がり、両眼もスモモを二つくっつけたように腫れ上がっている。悲惨な姿を見た国司は笑っていた。

スポンサーリンク

[古文・原文]

国に仰せ給ひて、手輿(たごし)作らせ給ひて、によふによふ荷はれて(になわれて)、家に入り給ひぬるを、いかでか聞きけむ、遣はしし男ども参りて申すやう、『竜の首の珠をえ取らざりしかばなむ、殿へもえ参らざりし。珠の取り難かりしことを知り給へればなむ、勘当(かんどう)あらじとて参りつる』と申す。

大納言起き居てのたまはく、『なんぢらよく持て来ずなりぬ。竜は鳴る雷(かみ)の類にこそありけれ。それが珠を取らむとて、そこらの人々の害せられむとしけり。まして竜を捕らへたらましかば、また、こともなく、我は害せられなまし。よく捕らへずなりにけり。かぐや姫てふ大盗人(おおぬすびと)の奴が、人を殺さむとするなりけり。家の辺りだに今は通らじ。男どももな歩きそ』とて、家に少し残りたりける物どもは、竜の珠を取らぬ者どもに賜(た)びつ。

これを聞きて、離れ給ひし本の上は、腹をきりて笑ひ給ふ。糸を葺かせ造りし屋は、とび、からすの巣に、皆くひもていにけり。世界の人の言ひけるは、『大伴の大納言は、竜の首の珠や取りておはしたる』『否、さもあらず。御眼(おおんまなこ)二つに、すもものやうなる珠をぞ添へていましたる』と言ひければ、『あなたべ難(がた)』と言ひけるよりぞ、世にあはぬことをば、『あなたへ難(がた)』とは言ひ始めける。

[現代語訳]

大納言は国司に命令して、担架にする手輿を作らせて、うんうん唸りながら運ばれ、自宅の中に入っていったが、どこで聞いたのだろうか、派遣していた家来たちが戻ってきて、『竜の首の珠を取ってくることができなかったので、主君の元へ参上することができませんでした。しかし、主君自らが竜の首の珠を取ることの難しさを知った以上は、自分たちも処罰(解雇)されないだろうと思い参上したのです。』と申し上げた。

大納言は寝所から起き上がってきて、『お前たちが竜の首の珠を取ってこなかったのは良いことだ。竜は雷の類であるから、その珠を取ろうとして大勢の人々が殺されるところだった。まして竜を捕らえようなどとしたら、私などはあっさりと殺されていただろう。お前らも捕まえなくて良かったのだ。かぐや姫とかいう大悪党が私を殺そうとしたのだ。今はあいつの屋敷の近くも通りたくない。お前たちもあの家の周りを歩くんじゃないぞ。』とおっしゃり、屋敷に残っていた金品を、竜の首の珠を取ってこなかった家来たちに与えてしまった。

これを聞いて、離縁されていた元の妻たちは、腹がよじれるほどに大笑いした。屋根を葺いた五色の色鮮やかな糸は、鳶・カラスが巣を造るためにくわえて持って行ってしまった。世間の人々は、『大伴の大納言が竜の首の珠を持って帰ったようだ。』『いや、そうではない。(海の嵐で遭難して)ただ両眼に二つのスモモのような腫れ物が出来ただけだ。』などと噂をしていた。『あな食べ難(あぁ、そんなスモモは食べられやしない)』と言ったことから、世間の評判と実際の姿が合わないことを、『あな耐え難(あぁ、おかしくて笑いを我慢できない)』と言い始めたのである。

スポンサーリンク
Copyright(C) 2012- Es Discovery All Rights Reserved