『枕草子』の現代語訳:63

清少納言(康保3年頃(966年頃)~万寿2年頃(1025年頃))が平安時代中期に書いた『枕草子(まくらのそうし)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然や生活、人間関係、文化様式に対する繊細で鋭い観察眼・発想力が反映された作品になっています。

このウェブページでは、『枕草子』の『殿上より、梅の皆散りたる枝を、「これはいかが」~』の部分の原文・現代語訳を紹介します。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
石田穣二『枕草子 上・下巻』(角川ソフィア文庫),『枕草子』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),上坂信男,神作光一など『枕草子 上・中・下巻』(講談社学術文庫)

[古文・原文]

101段

殿上(てんじょう)より、梅の皆散りたる枝を、「これはいかが」と言ひたるに、ただ(清少納言)「早く落ちにけり」と答へ(いらえ)たれば、その詩を誦(ず)じて、殿上人黒戸(くとろ)にいと多くゐたるを、上の御前にきこしめして、(帝)「よろしき歌など詠みていだしたらむよりは、かかることはまさりたりかし。よう答へたり」と、仰せられき。

[現代語訳]

101段

殿上の間から、梅の花がすっかり散ってしまった枝を持ってきて、「これはどうでしょうか」と言ってきたので、ただ「早く花が落ちてしまいましたね」と答えたところ、その詩を吟じて、殿上人が黒戸に大勢いたのを、帝がお聞きになられて、「ほどほどに良い歌などを詠んで聞かせるよりは、このような答え方のほうが素晴らしい。よくこんな風に答えたものだな」と、おっしゃられた。

スポンサーリンク

[古文・原文]

102段

二月のつごもりころに、風いたう吹きて、空いみじう黒きに、雪すこしうち散りたるほど、黒戸に主殿司(とのもづかさ)来て、「かうてさぶらふ」と言へば、寄りたるに、「これ、公任(きんとう)の宰相殿の」とてあるを見れば、懐紙(ふところがみ)に、

すこし春あるここちこそすれ

とあるは、げに、今日のけしきにいとようあひたるを、これが本は、いかでか付くべからむと、思ひ煩ひぬ。「誰々か」と問へば、(主殿司)「それそれ」と言ふ。皆いと恥づかしき中に、宰相の御答へを、いかでかことなしびに言ひ出でむと、心一つに苦しきを、御前に御覧ぜさせむとすれど、上のおはしまして御殿籠り(おほとのごもり)たり。主殿司(とのもづかさ)は「とく、とく」と言ふ。げに、遅うさへあらむは、いと取り所なければ、さはれとて、

空寒み花にまがへて散る雪に

と、わななくわななく書きて取らせて、いかに思ふらむと、わびし。これがことを聞かばや、と思ふに、そしられたらば聞かじとおぼゆるを、「俊賢(としかた)の宰相など、『なほ内侍に奏してなさむ』となむ定めたまひし」とばかりぞ、左兵衛の督(さひょうえのかみ)の、中将にておはせし、語りたまひし。

[現代語訳]

102段

二月の終わりの頃、風がとても強くて、空が真っ黒になり、雪が少し散り落ちている日に、黒戸に主殿司(とのもづかさ)が来て、「ご用事があって伺いました」と言うので、寄ってみると、「これをあなた様に。公任の宰相様からのお手紙です」といわれて渡された手紙を見ると、懐紙に、

すこし春あるここちこそすれ

と書いてあるのは、本当に今日の空の様子にぴったりしているが、これの上の句はとても付けようがないと、思い悩んでしまった。清少納言が「殿上の間には誰かいるか」と聞くと、主殿司が「誰がいて、誰がいる」と答える。みんなとても高貴な身分の方たちであるがその中でも、宰相の公任様に対するお答えを、どうして下手な歌で送れるだろうかと、自分ひとりで考えるのは心苦しいので、中宮に御覧にいれようかと思ったけれど、帝が中宮様のところにいらっしゃっておやすみであられた。使いの主殿司は「早く、早く」と言っている。本当に、下手なだけではなく遅いとまでなれば、何の取り得もないということになってしまうので、とにかく書くかと思って、

空寒み花にまがへて散る雪に

と手がわななきながら書いて渡して、どのように思うだろうかと悩んでしまう。この返事の感想を聞きたいと思うが、けなされたら聞かないでおこうと思ったりもする。「俊賢の宰相などは、「あれは内侍にするように帝に奏上したいほどの女だ』と高く評価されていた」という話を、左兵衛督、当時は中将であられた方から聞いたのだった。

スポンサーリンク
Amazon
Copyright(C) 2014- Es Discovery All Rights Reserved