「愛」,「ICU(Intensive Care Unit:集中治療管理室)」

このウェブページでは、「愛」と「ICU(Intensive Care Unit:集中治療管理室)」の用語解説をしています。


「愛」

愛には、大きく分けて『エロス』『アガペー』が存在する。エロスとしての愛は、『愛する他者』をそれ以外の人から区別して、特別に大切に思う感情であり、その典型は異性に対する情熱と性的関心を伴う愛情である。

アガペーとしての愛は、人類や生物全てに降り注ぐような『無償の愛』であり、対象の持つ魅力や能力とは無関係に与えられる肯定感情や利他的行動として現れる。一般的に、私たちが『愛』という時、利己的な目的や自身の幸福を相手から得ながらも、相手に対する自己犠牲的献身や利他的な行動を取れる『相互利益的な関係や感情』を指している。

ICU(Intensive Care Unit:集中治療管理室)

生命に関わる急性疾患や重傷度の高い外傷の状態にある患者、大きな外科手術を行った患者などの救命救急と体力回復を目的とした集中治療環境(集中治療室)がICUである。ICUには、通常、先端医療機器が準備されており、24時間体制で、呼吸管理、心電図による心拍管理、血圧のモニタリング、体液・栄養の補液管理が行われている。

ICU環境特有のストレスによって発症する精神症状として、幻覚や強度の恐怖などが生じる『ICU症候群』と呼ばれるものがある。ICUは、専門分化されており、新生児専門のNICUや心臓疾患患者専門のCCUなどがある。

Copyright(C) 2004- Es Discovery All Rights Reserved