なぜ日本は「新型コロナウイルスによる死亡者」が少ないのか?:アジアと欧米の重症化率・死亡率の大きな違いの原因

スポンサーリンク
免疫細胞の画像 ニュース

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは世界で約500万人(5月22日時点)を超える感染者を出し、約33万人もの人たちが死亡しています。

現在ではアジアと欧米での感染拡大スピードは落ち着いてきましたが、日本・中国・韓国などのアジアの国々と比較すると、アメリカ・イギリス・イタリアなどの欧米諸国は「感染者・死亡者」ともに極端に多くなっています。

日本の感染者数は約1.6万人、死亡者は784人ですが、米国の感染者数は約161万人、死亡者は9.5万人で突出して多くなっています。日本でも新型コロナパニックと緊急事態宣言によって経済的なダメージは非常に多くなっていますが、人口規模に照らして人的被害が非常に少ないことから「日本のミラクル」と欧米で評されているようです。

以下の数字からも明らかなように、新型コロナウイルスは「欧米諸国(南米含む)の感染者・死亡者」が「アジア諸国の感染者・死亡者」よりも圧倒的に多くなっています。

1. 世界の感染者数……約508万人

世界の死亡者数……約33.2万人

欧米諸国の新型コロナの感染者・死亡者の数

2. アメリカの感染者数……約161万人

アメリカの死亡者数……約9.5万人

3. イギリスの感染者数……約25.1万人

イギリスの死亡者数……約3.6万人

4. イタリアの感染者数……約22.8万人

イタリアの死亡者数……約3.2万人

5. スペインの感染者数……約23万人

スペインの死亡者数……約2.7万

アジア諸国の新型コロナの感染者・死亡者の数

6. 日本の感染者数……約1.6万人

日本の死亡者数……784人

7. 中国の感染者数……約8.2万人

中国の死亡者数……約4600人

8. 韓国の感染者数……約1.1万人

韓国の死亡者数……264人

欧米諸国で大勢の人たちが新型コロナで亡くなっているのに、日本で感染者も死亡者も極端に少ない原因・理由は何なのでしょうか?

現段階では、新型コロナパンデミックにおける日本のミラクルの原因は「仮説の域」を出るものはありませんが、以下のような原因があるのではないかと推測されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました