「マイナポイント」は選択したキャッシュレス決済で還元率25%・上限5,000円:2020年9月から2021年3月までポイント付与

スポンサーリンク
マイナポイントの画像 ニュース

総務省主導の「マイナポイント」がいよいよ9月から付与されることになり、7月から申し込みがスタートしました。マイナポイント事業は、「官民連携のキャッシュレス決済の基盤構築・マイナンバーカードの普及促進・消費活性化」を目的として行われるものです。

今までマイナンバーカードの普及の遅れが問題になっていましたが、実際に買い物などに使えるマイナポイントがつくということで、急いでマイナンバーカードの申請をする人も増えているようです。7月のマイナンバー申請は、それ以前の約2倍に当たる1日6.7万件にもなっています。

マイナポイントというのは、キャッシュレス決済サービスを提供する各決済事業者を経由して、それぞれのサービスで使えるポイントが付与されるものです。マイナポイント専用のウェブサイトかアプリで、特定のキャッシュレス決済と紐付けた上で、「チャージ・買い物」をすると「25%のプレミアム(ポイント)」が付与される仕組みになっています。

「25%の還元率」は今までのキャッシュレス事業者のキャンペーンと比較しても破格の還元率の高さですが、さすがに上限なしでポイントがつくわけではありません。マイナポイント付与の上限は「5,000円」と決められているため、2万円以上のキャッシュレス決済を使っても「5,000円以上のポイント」はもらえないようになっています。

マイナポイントを利用するためには予約・申し込みが必要ですが、7月1日からマイナポイント専用のウェブサイトかアプリで申し込みできるようになっています。7月12日時点でもすでに約115万人以上の人が申し込みを終えていますが、ウェブサイト(PC)で申し込む人はICカードリーダライターが必要、アプリ(対応スマホ)で申し込む人はICを読み取るNFCの機能が必要になります。どちらも準備できない人の場合は、役所に行けば端末からの申し込みができるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました