『史記 伍子胥列伝 第六』の現代語訳・抄訳:3

中国の前漢時代の歴史家である司馬遷(しばせん,紀元前145年・135年~紀元前87年・86年)が書き残した『史記』から、代表的な人物・国・故事成語のエピソードを選んで書き下し文と現代語訳、解説を書いていきます。『史記』は中国の正史である『二十四史』の一つとされ、計52万6千5百字という膨大な文字数によって書かれている。

『史記』は伝説上の五帝の一人である黄帝から、司馬遷が仕えて宮刑に処された前漢の武帝までの時代を取り扱った紀伝体の歴史書である。史記の構成は『本紀』12巻、『表』10巻、『書』8巻、『世家』30巻、『列伝』70巻となっており、出来事の年代順ではなく皇帝・王・家臣などの各人物やその逸話ごとにまとめた『紀伝体』の体裁を取っている。このページでは、『史記 伍子胥列伝 第六』の3について現代語訳を紹介する。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
司馬遷『史記 全8巻』(ちくま学芸文庫),大木康 『現代語訳 史記』(ちくま新書),小川環樹『史記列伝シリーズ』(岩波文庫)

[『史記 伍子胥列伝 第六』のエピソードの現代語訳:3]

このコンテンツは、前回の内容の続きになっています。

昔、伍員(伍子胥)は楚の大夫・申包胥(しんぽうしょ)と交際していた。員が楚から亡命する時、申包胥に言った。

『私は必ず楚を覆滅させる。』

それに対して、申包胥が言った。

『私は必ず楚を存続させてみせる。』

呉軍が楚の都の郢(えい)に攻め込むに及んで、伍子胥は昭王を捕えようとしたが捕まえられなかった。楚の平王の墓を暴いてその屍を引き出し、それを三百回も鞭打ってようやくやめた。申包胥は山中に逃げていたが、使者を送って伍子胥に言った。

『あなたの復讐のやり方は酷すぎるではないか。私は「人は一時的には凶暴さで天に勝つこともあるが、天命が定まればその凶暴な人は敗れることになる」と聞いている。あなたは昔平王の臣下であり、北面して親しく仕えたこともあるのに、今はその平王の屍(しかばね)を辱めている。そのような非道を行っていると、天道が定まった時に誅罰を受けるのではないか。』

伍子胥は言った。

『どうか申包胥によろしくお伝え下さい。私は「日暮れて道遠し(老齢になり寿命が近いにも関わらず、やるべきことである復讐ができていない)」の状態なので、道理に従うことができず遂に非道なことをしてしまったのだと。』

こうして、申包胥は秦に走って楚の危急存亡を告げ、秦に救援を求めた。しかし、秦は救援を送らなかった。すると、申包胥は秦の宮廷前の広場で昼夜を問わず哭き続け、七日七夜の間その声が途絶えなかった。秦の哀公は憐れんで言った。

『楚は無道だがこのような忠臣がいるのだから、存続させなければならない。』

そして、秦は戦車五百乗を派遣して、楚を助けて呉を伐った。秦は六月に、稷(しょく,河南省)で呉軍を破った。呉王闔廬は長く楚に留まって、昭王を捜し求めていたが、その間に闔廬の弟・夫概(ふがい)が逃亡して帰国し、自立して王になってしまった。闔廬はこれを聞いて、楚を捨てて帰国し、弟の夫概を伐った。夫概は敗走して、楚に出奔した。楚の昭王は呉に内乱が起こったことを知ると、再び郢に入った。亡命してきた夫概を堂谿(どうけい)に封じて堂谿氏とした。楚は再び呉と戦って呉を破った。敗れた呉王は帰国することになった。

その二年後、闔廬は太子夫差(ふさ)に兵を率いさせて楚を伐たせ、番(はん)を取った。楚は呉が再び大軍で押し寄せるのではないかと恐れて、郢を去って都を若(正しい漢字はつくりにおおざと)に移した。当時、呉は伍子胥と孫武の策謀によって、西は強国の楚を破り、北は斉・晋を脅かし、南は越を従えたのである。

その四年後、呉は越を伐った。

越王句践(こうせん)は迎え撃って、呉軍を姑蘇(こそ,江蘇省)で破り、呉王闔廬(こうりょ)の指を負傷させた。呉軍は退却した。闔廬は創傷が悪化して死のうとする時に、太子夫差に言った。

『お前は越王句践がお前の父を殺そうとしたことを忘れるか。』

夫差(ふさ)は答えて言った。

『決して忘れはしません。』

その日の夕方、闔廬は死んだ。夫差は王位に即位すると、伯否(はくひ)を太宰(たいさい,百官を統率できる最高の官位)とし、戦車での射撃訓練を行った。二年後に越を伐ち、越軍を夫湫山(ふしょうざん)で破った。越王句践は敗残の兵5000人と共に会稽山(かいけいざん,浙江省)に立てこもり、大夫の種(しょう)に命じて、呉の太宰伯否に丁重な贈り物をして越国を差し出すという条件で講和を願い出た。呉王は越を許そうとしたが、伍子胥が諌めて言った。

『越王は辛苦に耐えられる人物です。今、越王を殺しておかなければ、後で必ず後悔することになるでしょう。』

呉王は聴き入れず、太宰・伯否の計略を採用して、越と講和して越を手に入れた。その五年後、斉の景公が死んで大臣たちが君主の寵愛を争い、新しい君主が若輩だということを聞いた呉王は、兵を起こして北の斉を伐とうとした。伍子胥が諌めて言った。

『句践は食事を節約して控え、民衆の死者を弔問し病人を見舞い、これらの人々を用いて大事を為そうとしています。この人が死なない限りは、呉の憂患になるでしょう。今、呉に越があるのは、人の内臓に疾患があるようなものです。それなのに、王は最初に越に対処しようとせずに斉を伐とうとしています。これは大きな過ちです。』

王は聴き入れずに斉を伐ち、斉軍を艾陵(がいりょう,山東省)で大敗させた。その余勢で鄒と魯の君主を脅かして帰国した。そのため、ますます伍子胥の計略を疎んじるようになった。

その四年後、呉王はまた北の斉を伐とうとした。越王句践は子貢(しこう,孔子の弟子)の謀略を採用して、兵を率いて呉を助け、宝物・財物を呉の太宰・伯否に献上した。太宰の伯否はしばしば越からの賄賂を受け取っていたので、越を厚遇して信用することが甚だしかった。日夜、呉王に越国を取り成して伝えていた。呉王は、越についての伯否の進言を信用していた。伍子胥は更に諌めて言った。

『越は呉にとって内臓の疾患です。今、越の浮ついた虚言を信じて斉の領土を貪ろうとしていますが、斉を破ってその土地を得ても、それは石の田んぼのようなもので利用価値がありません。盤庚の誥(ばんこうのこう)にはこうあります。「物事の是非に違反する不謹慎な者は、軽度の者は鼻切りの刑にして、重いものは処刑して、その種を国の中に蔓延させてはならない」と。これは商が興隆した所以です。どうか、王は斉を捨てて先に越に対処してください。そうしなければ、後で幾ら後悔しても取り返しのつかないことになってしまいます。』

呉王は聞き入れず、逆に伍子胥を斉に遣わしてしまった。伍子胥は斉に行くに際して、その息子に言った。

『私はしばしば王を諌めたが、王は私の諫言を用いては下さらなかった。私は今に呉の滅亡を見ることになるだろう。だが、お前が呉と共に滅びるのは無益なことだぞ。』

その子を一緒に連れていって、斉の鮑氏に預け、帰還して呉王に斉の情勢を報告した。

Copyright(C) 2013- Es Discovery All Rights Reserved