『史記・項羽本紀』の6:鴻門の会・范増の煩悶

中国の前漢時代の歴史家である司馬遷(しばせん,紀元前145年・135年~紀元前87年・86年)が書き残した『史記』から、代表的な人物・国・故事成語のエピソードを選んで書き下し文と現代語訳、解説を書いていきます。『史記』は中国の正史である『二十四史』の一つとされ、計52万6千5百字という膨大な文字数によって書かれている。

『史記』は伝説上の五帝の一人である黄帝から、司馬遷が仕えて宮刑に処された前漢の武帝までの時代を取り扱った紀伝体の歴史書である。史記の構成は『本紀』12巻、『表』10巻、『書』8巻、『世家』30巻、『列伝』70巻となっており、出来事の年代順ではなく皇帝・王・家臣などの各人物やその逸話ごとにまとめた『紀伝体』の体裁を取っている。このページでは、『項羽本紀』について解説する。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
司馬遷『史記 全8巻』(ちくま学芸文庫),大木康 『現代語訳 史記』(ちくま新書),小川環樹『史記列伝シリーズ』(岩波文庫)

[書き下し文]

沛公已(すで)に出で、項王都尉(とい)の陳平(ちんぺい)をして沛公を召さしむ。沛公曰く、「今者(いま)出づるに、未だ辞せざるなり。これを為すこと奈何(いかん)」。樊會曰く、「大行(たいこう)は細謹(さいきん)を顧みず、大礼は小譲(しょうじょう)を辞せず。今人は方(まさ)に刀俎(とうそ)なり、我は魚肉たり。何ぞ辞することを為さん」と。ここに於て遂に去り、乃ち張良をして留まり謝せしむ。

良問いて曰く、「大王の来たるに何をか操れる(とれる)」と。曰く、「我白璧(はくへき)一双(いっそう)を持し、項王に献ぜんと欲し、玉斗(ぎょくと)一双を亜父(あほ)に与えんと欲せしも、その怒りに会い、敢えて献ぜず。公我が為にこれを献ぜよ」と。張良曰く、「謹みて諾す」と。

[現代語訳]

沛公(劉邦)はもう外に出てしまったので、項王は都尉の陳平に沛公を呼びに行かせた。沛公は言った。「今軍営を出る時に、項王に辞去の挨拶もしなかったが、どうしたら良いだろうか」と。樊會は答えた。「大きな行いを為すには瑣末なことにこだわらず、大きな礼を為すには小さな謙譲にはこだわらないともいいます。今、向こうは包丁と俎板を準備しており、私たちは俎板の上の魚肉のような危うい状況です。どうして辞去の言辞などがいるでしょうか」。これを聞いてすぐに沛公は立ち去り、張良にそこに留まってもらい代理の謝罪をさせた。

張良は沛公に質問した。「大王様がいらっしゃった時に、何を捧げましたか」と。沛公は言った。「項王様に差し上げようと思って白い璧を一対、范増様に差し上げようと思って玉の斗を一対用意したが、向こうの怒り(暗殺の悪意)に遭ってしまって献上することができなかった。お前がわしのために、これらを献上してくれ」と。張良は言った。「慎んでお渡ししておきます」。

[書き下し文]

沛公已に去り、間(かん)に軍中に至る。張良入り謝して曰く、「沛公ハイ杓(はいしゃく)に勝えず(たえず)して、辞すること能わず(あたわず)。謹みて臣良をして白璧一双を奉じ、再拝して大王の足下に献じ、玉斗一双を、再拝して大将軍の足下に奉ぜしむ」と。項王曰く、「沛公安くにかある」と。

良曰く、「大王これを督過(とくか)するに意ありと聞き、身を脱して独り去れり。已に軍至らん」と。項王則ち璧を受け、これを坐上に置く。亜父玉斗を受け、これを地に置き、剣を抜き撞きて(つきて)これを破り、曰く、「ああ、豎子(じゅし)与に(ともに)謀るに足らず。項王の天下を奪う者は、必ず沛公ならん。吾が属今にこれが虜とならん」と。沛公軍に至り、立ちどころに曹無傷を誅殺す。

[現代語訳]

沛公は項羽の元を立ち去り、間道を抜けて自軍に着いた。張良は中へと入り項羽に、「沛公は酒に酔って耐え切れないため、辞退のご挨拶ができませんでした。この臣下の張良に命じて、謹んで白璧一対を奉り、再拝して大王様の元に献上し、玉斗一対を再拝して大将軍の范増様に献上せよとの申しつけでした」と言って謝罪の意志を示した。項王が言った。「沛公殿はどこにいるのか」と。

張良は言った。「大王様が自分を叱責・懲罰するお考えだというのを聞いて、抜け出して一人で去っていきました。もう自軍に到着していると思われます」と。項王は璧を受け取ってそれを敷物の上へと置いた。亜父の范増も玉斗を受け取ったが、それを地面に置いて、剣を抜いて突き刺し砕いてしまった。亜父は言った。「ああ、小僧よ、一緒に天下を取る謀略をする器には足りなかったか。項王の天下を横から奪い取るのは、間違いなく沛公になるだろう。我々の一族も今に沛公の捕虜にされてしまうだろう」と。沛公は自軍に到着すると、(項羽の怒りを逸らすために)すぐ曹無傷を誅殺してしまった。

Copyright(C) 2013- Es Discovery All Rights Reserved