『枕草子』の現代語訳:14

清少納言(康保3年頃(966年頃)~万寿2年頃(1025年頃))が平安時代中期に書いた『枕草子(まくらのそうし)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然や生活、人間関係、文化様式に対する繊細で鋭い観察眼・発想力が反映された作品になっています。

『枕草子』は池田亀鑑(いけだきかん)の書いた『全講枕草子(1957年)』の解説書では、多種多様な物事の定義について記した“ものづくし”の『類聚章段(るいじゅうしょうだん)』、四季の自然や日常生活の事柄を観察して感想を記した『随想章段』、中宮定子と関係する宮廷社会の出来事を思い出して書いた『回想章段(日記章段)』の3つの部分に大きく分けられています。紫式部が『源氏物語』で書いた情緒的な深みのある『もののあはれ』の世界観に対し、清少納言は『枕草子』の中で明るい知性を活かして、『をかし』の美しい世界観を表現したと言われます。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
石田穣二『枕草子 上・下巻』(角川ソフィア文庫),『枕草子』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),上坂信男,神作光一など『枕草子 上・中・下巻』(講談社学術文庫)

[古文・原文]

22段

除目(じもく)に官(つかさ)得ぬ人の家。今年はかならずと聞きて、はやうありし者どもの外々(ほかほか)なりつる、田舎だちたる所に住む者どもなど、皆集り来て、出で入る車の轅(ながえ)もひまなく見え、物詣でする供に、我も我もと参り仕うまつり、物食ひ酒飲み、ののしりあへるに、果つる暁まで門叩く音もせず、「怪しう」など、耳立てて聞けば、前駆(さき)追ふ声々などして上達部(かんだちめ)など皆出で給ひぬ。

もの聞きに、宵より寒がりわななき居りける下衆男、いと物憂げに歩み来るを、をる者どもは、え問ひにだに問はず、外より来たる者などぞ、「殿は何にかならせ給ひたる」など問ふに、答へ(いらえ)には、「何の前司にこそは」などぞ、必ず答ふる(いらうる)。まことに頼みける者は、いと歎かしと思へり。翌朝(つとめて)になりて、隙なくをりつる者ども、一人二人すべり出でて去ぬ(いぬ)。古き者どもの、さもえ行き離るまじきは、来年の国々、手を折りてうち数へなどして、ゆるぎ歩きたるも、いとほしう、すさまじげなり。

よろしう詠みたりと思ふ歌を、人の許に遣りたるに、返しせぬ。懸想人(けそうびと)は、いかがせむ。それだに、をりをかしうなどある返事せぬは、心劣りす。また、騒がしう、時めきたる所に、うち古めきたる人の、おのがつれづれと暇多かるならひに、昔覚えて異なる事なき歌詠みておこせたる。

[現代語訳]

22段

除目(人事)で官職を得られなかった家。今年こそは必ず任官できると聞いていて、以前仕えていた者たちで、その後にそれぞれどこか他に勤めていたとか、片田舎の地に引っ込んでいるとかいう人たちがみんな集まってきて、出入りする車の轅も途切れなく見えている。本人が祈願のために社寺に参詣するそのお供に、我も我もと付いていき、物を食べて酒を飲んで騒いでいたが、除目が終わる明け方まで門を叩く音がせず、「おかしい」と思って耳をそばだてて聞くと、往来には先払いする声など幾つも聞こえて、上達部などもみんな宮中から退出してしまわれた。

任官の知らせを聞くために、宵のうちから寒さに震えながら御所に行っていた下衆男が、ひどく落ち込んだ様子で帰ってくるので、そこにいた連中は質問することもできない。よそからやって来ていた者などが、「御主人は何の役職に就かれたのですか」などと聞くと、それに答えて、「どこどこの前司です」などと必ず答えてくるものだ。本当に任官を楽しみにしていた者は、とても嘆かわしい事態だと思っている。翌朝は、あれだけ沢山詰めかけていた者たちが、(この家の主人は何の官職も得られなかったのだと分かり)一人、二人と去っていってしまうのだ。古くから主人に仕えている人で、離れることもできない人は、来年、国司に欠員がでる国々を指折り数えて、のろのろと歩き回っているのも、可哀想であり、何とも情けない様子である。

良い感じで詠めたなと思う歌を、人の所に送ったのに、返事が返ってこない。女を思っている男の場合は、返事が返ってこないとどうだろうか。それでも、良い時節に詠んで送った歌に返事をして来ないのは、その相手の印象が悪くなってしまう。また騒がしく人が出入りしている、今、権勢を握っている人の所に、古めかしい老人が、自分がやる事もなくて暇な時間が多いからということで、昔風の何の新しさもない歌を詠んで送ってくるのは興醒めである。

[古文・原文]

物のをりの扇、いみじくと思ひて、心ありと知りたる人に取らせたるに、その日になりて、思はずなる絵など描きて得たる。産養(うぶやしない)、馬の餞(はなむけ)などの使に、禄取らせぬ。はかなき薬玉(くすだま)、卯槌(うづち)など持てありく者などにも、なほ必ず取らすべし。思ひかけぬことに得たるをば、いと興ありと思ふべし。これは必ずさるべき使と思ひ、心ときめきして行きたるは、ことにすさまじきぞかし。

婿取りして、四、五年まで、産屋の騒ぎせぬ所も、いとすさまじ。大人なる子どもあまた、ようせずは孫なども這ひありきぬべき、人の親どち、昼寝したる。傍なる子どもの心地にも、親の昼寝したるほどは、寄り所なくすさまじうぞあるかし。師走のつごもりの夜、寝起きてあぶる湯は、腹だたしうさへぞ覚ゆる。師走の晦日(つごもり)の長雨。「一日ばかりの精進解斎(しょうじんげさい)」とやいふらむ。

[現代語訳]

何かの行事がある時のための扇を、素晴らしいものをと思って、扇を作るのが上手だと知っている人に扇を頼んだのだが、その日になってみると、思いもかけないつまらない絵を描いて送ってくるのは残念だ。産養や旅の餞別などを持ってきた使いの者に、心づけ(お小遣い)を上げないというのもがっかりだ。大したものではない薬玉や卯槌のようなものを、配って歩いている者なども、やはり必ず心づけを渡すべきなのだ。思いがけず心づけを得ることができた使いは、大変素晴らしいと思うことだろう。これは必ず心づけが貰えると思って、心をときめかせて使いに行ったのに、実際は貰えなかったというのは非常にがっかりしてしまうものだ。

婿を迎えたにも関わらず、4~5年立っても産屋が賑わわない家(子供が産まれない家)も、非常にがっかりさせられる。もう成人した子供が沢山いて、もしかすれば孫が這って歩いていてもおかしくない世代の親が昼寝をしている。側にいる子供の気持ちからしても、親が昼寝をしている間は関わることもできずにつまらないものだ。12月の大晦日の夜、今まで寝ていた所を起きだして、すぐに浴びるお風呂の湯は、腹立たしいと思ってしまう。12月の大晦日の長雨。「後一日だけだった精進潔斎(後一日なのに精進を我慢できなかった)」というようなものである。

Copyright(C) 2012- Es Discovery All Rights Reserved