『枕草子』の現代語訳:25

清少納言(康保3年頃(966年頃)~万寿2年頃(1025年頃))が平安時代中期に書いた『枕草子(まくらのそうし)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然や生活、人間関係、文化様式に対する繊細で鋭い観察眼・発想力が反映された作品になっています。

『枕草子』は池田亀鑑(いけだきかん)の書いた『全講枕草子(1957年)』の解説書では、多種多様な物事の定義について記した“ものづくし”の『類聚章段(るいじゅうしょうだん)』、四季の自然や日常生活の事柄を観察して感想を記した『随想章段』、中宮定子と関係する宮廷社会の出来事を思い出して書いた『回想章段(日記章段)』の3つの部分に大きく分けられています。紫式部が『源氏物語』で書いた情緒的な深みのある『もののあはれ』の世界観に対し、清少納言は『枕草子』の中で明るい知性を活かして、『をかし』の美しい世界観を表現したと言われます。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
石田穣二『枕草子 上・下巻』(角川ソフィア文庫),『枕草子』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),上坂信男,神作光一など『枕草子 上・中・下巻』(講談社学術文庫)

[古文・原文]

37段

花の木ならぬはかへで。桂。五葉(ごよう)。そばの木、しななき心地すれど、花の木ども散り果てて、おしなべて緑になりたる中に、時もわかず濃き紅葉のつやめきて、思ひもかけぬ青葉の中よりさし出でたる、めづらし。

檀(まゆみ)、更にも言はず。そのものとなけれど、宿り木といふ名、いとあはれなり。榊(さかき)、臨時の祭の御神楽(みかぐら)のをりなど、いとをかし。世に木どもこそあれ、神の御前のものと生ひはじめけむも、とりわきてをかし。

楠の木は、木立多かる所にも、殊にまじらひ立てらず、おどろおどろしき思ひやりなどうとましきを、千枝(ちえ)に分かれて、恋する人の例(ためし)に言はれたるこそ、誰かは数を知りて言ひ始めけむと思ふに、をかしけれ。

檜の木、また、け近からぬものなれど、三葉四葉(みつば・よつば)の殿づくりもをかし。五月に雨の声をまなぶらむも、あはれなり。

楓の木のささやかなるに、萌え出でたる葉末(はずえ)の赤みて、同じ方(かた)に広ごりたる葉のさま、花もいとものはかなげに、虫などの枯れたるに似て、をかし。

あすはひの木、この世に近くも見え聞こえず、御嶽(みたけ)に詣でて帰りたる人などの持て来める。枝ざしなどは、いと手触れにくげにあらくましけれど、何の心ありて、あすはひの木とつけけむ。あぢきなき兼言(かねごと)なりや。誰に頼めたるにかと思ふに、聞かまほしくをかし。

[現代語訳]

37段

花が生らない木は、楓。桂。五葉の松。そばの木は、品がない感じがするが、花の咲く木がみんな散ってしまって、全体が若葉になってしまった中で、時節を弁えずに濃い紅葉がつやつやとして、青葉の中に思いがけず出てきているのは、珍しいものである。

まゆみは、今更言うまでもない。他の木に宿るという性質そのままであるが、宿り木という名前は、とても哀れである。榊は臨時のお祭りで神楽が出る時など、とても趣きがある。この世に木々は沢山あるが、(神楽歌の伝承によると)神の御前の木として昔から生えているものという伝承も特別で面白い。

楠の木は、木立の多い人の家でも、他の木と一緒に植えられることがなく、鬱蒼と茂った楠の森を思うと近づきがたいものだが、千本の枝を出している様子が、恋する人の千々に乱れた気持ちの比喩として言われるのは、誰が枝の数を数えてから言い始めたのだろうと思うと面白い。

檜の木、これはまた人家の近くには生えていない木だけれど、三葉四葉の殿造りという歌も面白い。五月には、(木から滴り落ちるしずくで)雨の音を真似するということだがそれも殊勝で哀れである。

楓の木はほっそりとしていて、初夏に萌えでてきた葉先が少し赤らんで、同じ方向に広がった葉の様子、花もとても儚げな感じで、虫か何かが干からびているのにも似ていて面白い。

あすはひの木、世間の近くには見えず人の話にも出てこないが、御嶽に参拝して帰ってくる人が持って帰ってくるようだ。枝ぶりは触れそうにないほど荒々しい感じであるが、どういった考えがあって、「明日は檜の木(あすはひのき)」という名前を付けたのだろうか。味気のない予言であることだ。誰に対してそんな予言をしたのかと思うと、名付けた人に聞いてみたくて面白い。

[古文・原文]

37段(終わり)

ねずもちの木、人なみなみなるべきにもあらねど、葉のいみじうこまかに小さきが、をかしきなり。樗(おうち)の木。山橘(やまたちばな)。山梨の木。

椎の木、常盤木(ときわぎ)はいづれもあるを、それしも、葉がへせぬ例(ためし)に言はれたるも、をかし。

白樫(しらかし)といふものは、まいて深山木(みやまぎ)の中にもいとけ遠くて、三位、二位の袍(うへのきぬ)染むる折ばかりこそ、葉をだに人の見るめれば、をかしきこと、めでたきことに取り出づべくもあらねど、いつともなく雪の降り置きたるに見まがへられ、素盞嗚尊(すさのおのみこと)、出雲国におはしける御事を思ひて、人丸(ひとまろ)が詠みたる歌などを思ふに、いみじくあはれなり。をりにつけても、一節あはれともをかしとも聞きおきつる物は、草、木、鳥、虫も、おろかにこそ覚えね。

ゆづり葉の、いみじうふさやかにつやめき、茎はいと赤くきらきらしく見えたるこそ、あやしけれど、をかし。なべての月には、見えぬものの、師走の晦日(つごもり)のみ時めきて、亡き人の食ひ物に敷く物にやと、あはれなるに、また、齢(よわい)を延ぶる歯固めの具にも、もて使ひためるは、いかなるにか。「紅葉せむ世や」と言ひたるも、頼もし。

柏木、いとをかし。葉守の神のいますらむも、かしこし。兵衛の督(ひょうえのかみ)、佐(すけ)、尉(ぞう)など言ふも、をかし。

姿なけれど、椶櫚(すろ)の木、唐めきて、わるき家のものとは見えず。

[現代語訳]

37段(終わり)

ねずもちの木、他の木と同じような一人前の木ではないが、葉がとても繊細で小さいのが、面白いのだ。樗の木。山橘。山梨の木。

椎の木、常盤木はどれも寒くなっても葉が落ちずにあるのに、椎の木だけが葉が落ち代わらない例として歌に詠まれているのも面白い。

白樫という木は、深山に生える木の中でも特に私たちとは縁遠い木で、三位・二位の貴族の袍を染める時だけ、その葉っぱがわずかに人の目に触れるくらいだから、面白い木や素晴らしい木の中に特に持ち出すべきものではないけれど、その葉の白さはいつの季節でも雪が降っているような白さに見えて、スサノオノミコトが出雲国にお出かけになった時のことを思って人丸が詠んだ歌などを思うと、とても風情がある。何かの折に、その時に趣きがあるとか面白いとか思ったものは、草・木・鳥・虫でも疎かには思えないものだ。

ゆずり葉の、ふさふさと垂れていて艶めいている姿、その茎はとても赤くてキラキラと輝いて見える、怪しいけれど素敵である。普通の月には見えないけれど、十二月のつごもりの時だけには目立っている、亡くなった人にお供えする食べ物の下に敷く物かと思うと何となく哀れだけれど、また寿命を延ばすおめでたい歯固めの食膳の飾りにも使われているようだが、これはどうしたことなのだろう。古歌に、「ゆずり葉が紅葉することがあれば、あなたを忘れることができるでしょう」と詠まれたのも頼もしい。

柏木は、とても風情がある。葉守の神が鎮座していらっしゃる、畏れて敬うべき木でもある。歌に、兵衛の督、佐、尉などの異名として柏木が用いられているのも面白い。

趣きのない姿をした木だけれど、棕櫚の木は唐風の情趣があって、身分の低い人の家に生えている木のようには見えない。

Copyright(C) 2012- Es Discovery All Rights Reserved