『枕草子』の現代語訳:23

清少納言(康保3年頃(966年頃)~万寿2年頃(1025年頃))が平安時代中期に書いた『枕草子(まくらのそうし)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然や生活、人間関係、文化様式に対する繊細で鋭い観察眼・発想力が反映された作品になっています。

『枕草子』は池田亀鑑(いけだきかん)の書いた『全講枕草子(1957年)』の解説書では、多種多様な物事の定義について記した“ものづくし”の『類聚章段(るいじゅうしょうだん)』、四季の自然や日常生活の事柄を観察して感想を記した『随想章段』、中宮定子と関係する宮廷社会の出来事を思い出して書いた『回想章段(日記章段)』の3つの部分に大きく分けられています。紫式部が『源氏物語』で書いた情緒的な深みのある『もののあはれ』の世界観に対し、清少納言は『枕草子』の中で明るい知性を活かして、『をかし』の美しい世界観を表現したと言われます。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
石田穣二『枕草子 上・下巻』(角川ソフィア文庫),『枕草子』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),上坂信男,神作光一など『枕草子 上・中・下巻』(講談社学術文庫)

[古文・原文]

34段

木の花は濃きも薄きも、紅梅。桜は、花びら大きに、葉の色濃きが、枝細くて咲きたる。藤の花は、しなひ長く、色濃く咲きたる、いとめでたし。

四月のつごもり、五月のついたちのころほひ、橘の葉の濃く青きに、花のいと白う咲きたるが、雨うち降りたるつとめて(翌朝)などは、世になう心あるさまに、をかし。花の中より黄金の玉かと見えて、いみじうあざやかに見えたるなど、朝露に濡れたる朝ぼらけの桜に劣らず。郭公(ほととぎす)のよすがとさへ思へばにや、なほ、更に言ふべうもあらず。

梨の花、世にすさまじきものにして、近うもてなさず、はかなき文付けなどだにせず、愛敬(あいぎょう)おくれたる人の顔などを見ては、たとひに言ふも、げに、葉の色よりはじめて、あはひなく見ゆるを、唐土(もろこし)には限りなき物にて、詩(ふみ)にも作る、なほさりとも、やうあらむと、せめて見れば、花びらの端にをかしきにほひこそ、心もとなうつきためれ。

楊貴妃の、帝の御使に逢ひて泣きける顔に似せて、「梨花一枝、春、雨を帯びたり」など言ひたるは、おぼろけならじと思ふに、なほいみじうめでたきことは、類あらじと覚えたり。

桐の木の花、紫に咲きたるは、なほをかしきに、葉のひろごりざまぞ、うたてこちたけれど、異木(ことき)どもとひとしう言ふべきにもあらず。唐土にことことしき名つきたる鳥の、選りて(えりて)これにのみ居るらむ、いみじう心異なり。まいて、琴に作りて、さまざまなる音の出でくるなどは、をかしなど、世の常に言ふべくやはある。いみじうこそめでたけれ。

木のさまにくげなれど、樗(あうち)の花、いとをかし。かれがれに、様異(さまこと)に咲きて、かならず五月五日にあふも、をかし。

[現代語訳]

34段

木の花は、濃くても薄くても紅梅が良い。桜は花びらが大きくて、葉の色も濃くて、細い枝に沢山の花が咲いているのが良い。藤の花は、花の房が長くて色が濃く咲いているのが非常に美しいと思う。

四月の末、五月の初めの頃に、橘の青い葉が濃い色で艷やかに茂っているが、その中に真っ白な花が咲いていて、雨の降った早朝にしっとり濡れいている様子は、この世にまたとないような美しさで素晴らしい。花の中にある実が、黄金の玉のように色鮮やかに見えている様子は、朝露に濡れた朝ぼらけ(朝方)の桜の美しさにも劣らないものである。橘の葉の中が郭公(ほととぎす)の棲家なのだと思うと、更に言いようがないほどの赴きが感じられる。

梨の花は、世間一般では価値がないものだと考えられていて、身近において観賞して愛でることはなく、手紙を結びつける枝の用途にも使われない。愛嬌(魅力)のない女の顔などを例える時に梨の花が持ち出されるが、本当にその葉の色からして淡くて風情がないように見えるが、唐土(中国)ではこの梨の花はこの上なく素晴らしいものとされていて、詩にもよく詠まれている。なので、どこかに良い所があるのだろうと思って、よく見てみると、花びらの端のほうに、綺麗な薄い紅色が心もとない感じでかすかについているようである。

楊貴妃が玄宗皇帝の使者に会った時に泣いた美しい顔を表現して、「梨花一枝、春、雨を帯びたり」と詩に詠われているのは、並大抵のことではないと思うと、やはり(先進の唐土で賞賛される)梨の花の抜きん出た美しさというのは、他に類がないもののようにも思われてしまうのだ。

桐の木の花が紫色に咲いているのは、やはり趣きがあって良いが、あの葉の広がり方だけは、不格好なので気に入らない。だが、他の木々と同列に論じることのできる並の木ではない。唐土(中国)で大げさな名前がつけられた霊鳥(鳳凰)が、選り好みしてこの桐の木だけに止まるというのも、とても素晴らしい木のように思える。まして、桐の木材で琴を作って、様々な美しい音色が生み出されてくるのは素晴らしく、世間一般で言われている以上の価値がある。非常に抜きん出て素晴らしい木なのである。

木の形は不格好だけれど、樗の花はとても綺麗である。枯れてしまったような変わった花の咲き方であり、必ず五月五日の節句に合わせるように咲くというのも面白い。

[古文・原文]

35段

池は勝間田(かつまた)の池。盤余(いはれ)の池。贄野(にえの)の池、初瀬に詣でしに、水鳥のひまなく居て、立ち騒ぎしが、いとをかしう見えしなり。

水なしの池こそ、あやしう、などてつけけるならむとて、問ひしかば、「五月など、すべて雨いたう降らむとする年は、この池に水といふものなむ、なくなる。また、いみじう照るべき年は、春のはじめに、水なむ多く出づる」と言ひしを、「無下になく、乾きてあらばこそ、さも言はめ、出づるをりもあるを、一筋にもつけけるかな」と、言はまほしかりしか。

猿澤の池は、采女(うねめ)の身投げたるを聞しめして、行幸などありけむこそ、いみじうめでたけれ。「寝くたれ髮を」と、人丸(ひとまる)が詠みけむほどなど思ふに、言ふもおろかなり。

おまへの池は、また何の心にてつけけるならむと、ゆかし。鏡の池。狭山(さやま)の池、三稜草(みくり)といふ歌のをかしきが、覚ゆるならむ。

こひぬまの池。原の池は、「玉藻な刈りそ」と言ひたるも、をかしうおぼゆ。

[現代語訳]

35段

池は勝間田の池。盤余(いはれ)の池。贄野(にえの)の池は、初瀬にお参りした時、水鳥がたくさん隙間なく並んでいて、騒がしく一斉に飛び立っていったのが、とても素晴らしい眺めであった。

水無しの池というのは不思議な名前だ。どうしてこのような名前を付けたのだろうかと思って人に聞いてみると、「雨の多い五月など、とにかくいつもより雨が激しく降ろうとする年には、この池には水という水が全く無くなってしまうのです。反対に、非常に旱魃が激しくて雨が降らない年には、春の初めに大量の水が湧き出てくるのです」と答えたが、「いつも水が全く無くて、常に乾いているのであれば、水無しの池という名前をつけても良いだろうが、水が出る季節もあるというのに、一方的に名前を付けてしまったものですね」と言い返したくなってしまった。

猿沢の池は、昔、采女が身投げした池だということをお聞きになって、哀れに思った帝が行幸なされたこともある池だが、その優しい帝のお心がけは非常に素晴らしいものである。「寝くたれ髪を」と、人丸が詠んだというその時の光景などを思うと、何とも言いようがないほどに素晴らしく感じてしまう。

御前の池は、またどういった由来があってこの名前を付けたのだろうかと、知りたくなってしまう。鏡の池、狭山の池は、あの三稜草を詠んだ歌が風情があるので、記憶に残っている池である。

こいぬまの池、原の池は、「玉藻を刈り取るな」という歌があるので、それも面白いなと思う。

Copyright(C) 2012- Es Discovery All Rights Reserved