薬全般についての解説

薬剤全般の『一般名・商品名・効果・副作用』を簡単に解説しています。薬剤には『錠剤・カプセル・顆粒(粉薬)・外用剤・漢方薬』などの剤型がありますが、『呼吸器・消化器・神経系・アレルギー・泌尿器・抗炎症』などの種類に分類して説明します。

医学・薬理学などに関する情報の正確さには配慮していますが、このウェブページの解説は薬剤の臨床的な有効性やすべての副作用の網羅・警告を保障するものではなく、薬について簡単に調べるための参考情報に留まります。薬の作用と副作用の強さは、各患者の体質・病気の経過・耐性の強さ・薬の飲み合わせ(化学的な相互作用)などによって変わってきます。もっとも確実な薬の飲み方は、カルテ(お薬手帳)を通して『自分の服薬履歴』をきちんと知っている医師及び薬剤師の診断・処方・説明を受けてから飲むということです。

風邪や胃痛などであれば、ドラッグストア(薬局)で一般用医薬品(OTC)を買って飲むというのも一つの対処法ですが、買い薬を飲み続けても症状が改善しなかったり、身体の異常を感じた場合には病院で診察を受けるようにしましょう。処方された薬剤について不明な点や疑問な部分がある時には、受診している病院(クリニック)の医師・薬剤師にご相談ください。お薬を服用する場合には、医師・薬剤師からの説明・指示をよく聞いて、十分に効果・副作用を理解した上で用法用量を守って飲むようにしましょう。

一般名あるいは成分名の後に(商品名)を書くという順番で表記しています。

楽天AD

ビタミン剤

神経系の薬

抗炎症剤の薬

消化器系の薬

感染症の薬

代謝系の薬

循環器系の薬

呼吸器系の薬

皮膚科系の薬

眼科系の薬

がん・血液の薬

ホルモン剤

駆除剤・駆虫剤

楽天AD

ビタミン剤

神経系・精神系の薬

抗炎症剤の薬

消化器系の薬

感染症・抗ウイルスの薬

代謝系の薬

循環器系・血液系の薬

呼吸器系の薬

楽天AD

皮膚科系・泌尿器科系・アレルギーの薬

眼科の薬

がん・血液の薬

ホルモン剤

駆虫剤・駆除剤

関連するコンテンツ
Copyright(C) 2009- Es Discovery All Rights Reserved